2020年10月19日

新しい世界の準備に向けて




世界は今までにないほどの
大きな変化、進化(神化)の
流れの真っ只中にあります。

その中で
一律のノウハウを超えて
その方自身が
本当は何をしたいと思っているのか
どういう未来を歩みたいと思っているのか
そのための個人セッションの重要性を
感じています。

そんな重要性を強く感じ始めた頃から
私自身のエネルギーも大きく変わり始め
もともと持ってはいたけど
気づかなかった宇宙からのギフトに気づき始め
このギフトは必要としている方々へ使うために
今、贈られた実感しております。


特に今は
これまでの常識や概念はもちろん
スピリチュアルの世界でも
今までの流れとは違う
(ただエゴを満足させるための
表面的な情報やノウハウではなく)
真に意識の目覚めを望む方々に
向けての個人セッションが大切であると
強く感じています。

そのため
ただいま個人セッションを受け付けるための
準備をしております。

準備が出来ましたら
改めて募集をしたいと思います。

どうぞもうしばらくお待ちください。









posted by Office_Kuweli at 14:19 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

「満ちている」と実感できていますか?

2020.10.18-2.JPG
つい先日、見つけた近所の神社です。
こんな所にこんな素敵な神社があったなんて!天疫神社です。




私たちは日々
多くの感情や概念のブロックを使って
「足りない、やれない、出来ない」を
思う存分(笑)、体現しています。

そして今の時代、
心の具現化もかなり加速していて
思っていたことが
以前よりも
比べ物にならないほど
速く具現化しています。

そのため
今、大切なことは
感情やブロックの手放しである、と
様々なスピリチュアルリーダーが
仰っています。


私自身も日々
ゼロポイントに深く入り
どんどんと手放しをしています。

そんな中で一つ
気づいたことがあります。
それは・・・


「足りない、やれない、出来ない」
という感情や概念の手放しというのは
結構、みなさんもよくやるのではないでしょうか。

私もそれをどんどん手放しています。

ですがその反対の
「満ちている」という状態に関しては
意外と意識がいっていないことに気づきました。

「足りない」を
手放したときに
本来は一緒に対にある
「満ちている」のエネルギーを体感しないと
けっしてバランスと取れた状態にはなりません。


ですが、皆さん
それを余り意識しないのです。

なぜか・・・

それは「原初の傷」という
初めて地球に
意識を持って肉体に降り立った時、
少なくとも数千年は意識と共にある
魂までも
絶対に目覚めないぞ!と決意し
目覚めないためのアンカー(重し)として
創り出した傷のことです。

それはとてもとても深い傷ではあるのですが
本来はある一定の時が来れば
手放せるものなのですが
余りにも深く意識が眠ってしまったために
未だ信じてやまない、
最大にして最深の魂の傷なのです。

そのほとんどが罪悪感です。
あとは自己否定、無価値観、恥

などです。

この罪悪感と言うのは
とても深い傷を創る、
重い重い波動です。
恐怖や不安など
この「原初の傷」で出来た罪悪感によって
派生する感情でもあります。


そして自分を罰しているので
自分が許さない限り
これを手放すことは出来ないのですが
もう数千年、中には何万年も
この傷を持っている魂も多くいるため
罪悪感があるのが当たり前に
なってきている感じでもあります。

それでも
どんどんと地球規模で波動が上昇している今、
真摯にこの「原初の傷」に
取り組めば
手放すことは出来るのです。

その時に
初めて真の喜び、
愛の満ち満ちた感覚になるのです。


ですから
今、私たちが「足りない」は手放せても
「満ちている」状態がどういうものなのか
いまいち分からない、感じない
という方も多いと思います。



そこで
原初の傷に真摯に取り組むために
誰でも毎日出来ることを
本日、お教えしたいと思います。



それは「感謝」です。

これ、はっきり言って
慣れないと
毎瞬、誰かに何かに感謝するって
結構、大変です。
結構というより超絶大変です。
やってみたら分かります。

ただしこの「感謝」は
ただ「ありがとう」とか
「感謝しています」などの
言葉だけを発しても何の意味もありません。

本当に大切なのは
感謝の「気持ち」の波動、
バイブレーションが大切なのです。


どこぞのスピ系ノウハウの
何万回唱えろだの、紙に書けだの
そんな上っ面なことではありません。

ですので
感謝をし続けるというのは
とても大変なことでもあります。

ただ思い返してもらいたいのです。

「原初の傷」は何のためにあるのか。

それは私たちの本来の意識はとても波動が高く
この重い三次元の肉体に
ずっと意識を下ろし続けるというのは
とても難しいことでした。

それをするためには
意識が上昇しないように
「重し」という低い波動の感情が
どうしても必要だったのです。

でも中途半端な重しだと
また意識は上昇してしまいます。

だから絶対に長い間
上昇しない(意識が目覚めない)ための
強烈な重しが必要だったのです。

それが「原初の傷」だったのです。

それに気づいたとき
とんでもなく深い宇宙の愛に
心からの感謝で涙が止まりませんでした。


もうこの「原初の傷」と
向き合い、癒し、解放しないと
真の意識の目覚めに
繋がっていかないように感じます。


あなたがその覚悟を決めたとき
宇宙は最大限のサポートをしてくれます。

このブログを読んで
何か思うことがあれば
きっとあなたにとって
原初の傷と向き合う
ベストタイミングが来たのかもしれません。

宇宙を信じ
オープンハートで
日々、感謝の喜びの中で
居続けてみてはどうでしょう。

きっとあなたの世界はあっという間に
変化していることに気づくでしょう。







posted by Office_Kuweli at 15:21 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

素直が一番!

2020.09.16.JPG



最近、
常々、大切だなと
思うことの一つに
「素直さ」というものがあります。


物心つかないくらい小さなころは
私も含め皆さんも
とても素直だったと思います。

気に入らなかったら泣いたり怒ったり
嬉しいことがあると
笑ったり、はしゃいだり。


そんな当たり前のことですが
自我(エゴ)が生まれると
それもだんだんと出来なくなっていくことが
多くなりますよね。


好きなのに好きと言えなかったり

嫌なのに我慢したり

苦しいのに平気なふりをしたり。


もちろん、
人間の成長過程で

自我が芽生えてエゴが形成されることは
とても重要なことです。

20代前半くらいまでは
そのように様々な経験を通して
エゴを形成して
個とはなんであるかを
知っていくことは
この3次元で肉体を持って生きる上で
必要不可欠なことです。


ですが、そのエゴも
20代を過ぎていくと
今度は手放していく作業が必要になります。

と言うのも
「本来」はエゴは経験したら
自然と崩壊していくものなのですが
私たちは
それを手放したくない
という思い込みがあって
どんどんとエゴを
貯めていくようになってしまったのです。

「本来」とは
「素直な心であれば」
という意味です。


私たちの本当の姿(在り方)は
神意識です。

神がひねくれている、とか
ありえないですよね。


神意識とは
内側にあるエネルギーを
何一つフィルター
(感情や概念などのエゴ意識、偏った見方)
にかけることなく外側に放出します。
その状態が「素直さ」です。


その状態こそが
本来の私たちの真の姿、在り方であり
その状態であれば
人生はとても豊かで
スムーズに流れていくものなのです。


いつの間にか
素直になることへの抵抗や葛藤があって
色々と損したり、
こじらせたりしているのです。


その重要性を
ここ最近、痛感しています。


あの時、もっとああしていれば
こうしていれば、

と思うことも一つや二つ
(多分、それ以上に)
あるのではないでしょうか。


もうその素直さ全開にしていかないと
このアセンションのエネルギーに
乗ることは難しくなります。

強情にひねくれていても
何の得もありません。

また、そんな労力は
無駄です、はっきり言って。

それに今、やっと気づいた
今日この頃。


ひねくれた時代も
それはそれで楽しかったし
良い経験でしたが
もう今は
全く必要がないと
はっきり分かっているので

好きなことは好き!
やりたいことはやる!!

でいこうと思っています





posted by Office_Kuweli at 21:23 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

個人セッション



個人セッション(ZOOMのみ)


ただいま準備中です。

もうしばらくお待ちください







posted by Office_Kuweli at 00:00 | 個人セッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

深い感情の手放し

2020.08.19-1.jpg2020.08.19-2.jpg
先日、福岡のとある神社に呼ばれ行ってきました。
えっちらおっちら登った山の頂上からの景色です
最高気温35℃の福岡。
それでも海風はもう秋の風でした。





昨夜、真夜中に目が覚めて
何とも言えない
体験をしました。

急に高校生くらいの無意識化からの
記憶が蘇ったと感じたのです。

それは余りにも突拍子もない記憶では
あったのですが

なぜかはっきりと
その時は思い出すことが出来たのです。


ただその記憶が思い出される過程が
深い虚空からスーッと
湧き上がってくるのですが

無意識からの浮上だったため
とても身体的に気持ちが悪かったんですね。

記憶の内容が気持ち悪いのではなく
無意識層にあった記憶を
表に出すこと自体が
どうも気持ち悪かったようなのです。

最初は夢だよ、錯覚だよ、と
思っていたのですが
どんどんとそれは真実であり
どうして無意識層にあった
記憶が今になってこんなに鮮明に蘇ってきたのだろう・・・
と気分の悪さでどうしようもなくなっていた状態の中、
結局そのまま、
また眠りに落ちたようです。

朝、目が覚めると体が鉛のように重たく
起き上がることが出来ないほどでした。

午前中は
外出したり、何かをする気力もなく
横になり昨晩のことを思い返していました。


すると突然、
嗚咽と共に
強烈な感情がこみ上げてきました。

それは
「やっぱり人間意識のままでいたい」という感覚でした。


笑ったり、泣いたり、怒ったり
まるでジェットコースターのように
目の前のことに一喜一憂し
80年近くの時間を直線的に生き
老いて死んでいく、
そんな生き方にとても未練があると
その感情は伝えてくるのです。


ここのところ
突然涙が出て、
なんとも言えない切なさというか
胸の苦しみのようなものが
強烈にこみ上げてくることが
毎日続いていたのですが
なんの涙なのか、
この切なさは何なのか
さっぱり分かりませんでした。

今、どんどんと次元上昇が大きくなっているために
人間意識の一番深い部分での感情が
どんどんと出てきています。

深く深く沈められた感情は
言葉や理性では理解できないものだったりします。


そして無意識化にある感情は
やはり急激に外へ出すと
肉体的にとても苦しい状態になることを
実感しました。


かと言って
解放、統合しなければ
先に進めないので
嗚咽しながらも手放しをしていき
今は身体的にもかなり楽になりました。

今の時期、
個では想像もつかないような感覚、感情などが
出てくることもとても多いと思います。

上からは
今の時期は辛抱が必要だと言われました。

でも、もう神意識に完全に戻ると決めたわけですし
エゴがどれだけ
「人間意識のままでいたい」と言っても
そこに興味を失っているのも事実ですから
戻ることも100%ありません。

そうなってくると
もうしばらくは
この深い無意識層の感情の統合が
必要なのかもしれません。

多分、この感覚はしっかりと天地に繋がっていないと
気が狂ったのかも
と思うほど強烈なものがこみ上げてきます。
または体のどこかが悪いのでは?と
心配になるかもしれませんが
上からは何度も
そうじゃない、と力強く言われているので
とにかく意識を「目の前のことに100%」の気持ちで
統合していくことに集中したいと思います。

このブログを読まれている方で
似たようなことが起こっている方も
結構多いと思います。
(と上は言っています)
なかなか相談することも
誰に聞いたらいいのか
わからないこともあると思いますが
そんな時こそ、
天地にしっかり繋がり
自分の中心に意識を向けて
日々過ごされてください。
必ず上からサポートが入りますので、
安心してくださいね。

未だかつてない大変革を
地球規模、魂規模で起きている今、
全てが前人未到なチャレンジなのです。

この時代、神意識に目覚めると
決意した勇気ある魂の皆さんが
どうぞ日々
楽しく軽やかで豊かな瞬間瞬間でありますよう
心から応援しております!!



posted by Office_Kuweli at 17:10 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする