2020年01月11日

この世界の創造者

2020.1.4.JPG


11月からの体の浄化から始まり、
お正月からは感情や制限の手放しが
どんどんと行われています。

ますますこの3次元の出来事が
幻想で出来ているかを実感している今日この頃。

もう結局のところ
「自分が与えたものが自分に返ってくる」の
最深(最真)バージョンを
やらされているような感覚です。

出来ない
やれない
足りない

が、どれほどただの幻想であるか。
現実を変えたければ
その幻想を創っているのが自分である
ということに気付くだけ。

「神との対話」
(ニール・ドナルド・ウォルシュ著)にも
「わたし(神)の役割は単に、
あなたが望むものを
創造する力を与えることだけ」

と言っています。


辛い、苦しい、と思うなら
神や天使、ガイドにお願いするよりも
それを創りだしているのが自分である、
と気付くことが
何よりも解決の早道であり
真の自立であると思います。

神やガイドにお願いすることは
それに気付くように、

自分の内側を常に観察し
手放す勇気を持てるように
励ましてほしい、

そちらなのではないかと思います。

先日、
道を歩いていた時
「ああ、本当は真の自分は
目覚めているんだな・・・。
ただ目覚めていることに
気付いてないだけなんだな・・・。」
としみじみ感じることがありました。

そこを完全に腑に落とせた瞬間、
とても寂れたお寺の前に出ました。

マンションに囲まれた住宅街で
日の当らない感じが
更に重苦しさが増したように感じましたが
無性に道沿いにある古びた仏さまの像に
手を合わせたくなり

ますますこの土地の神々や
このお寺に降りる仏様たちが
弥栄に栄え、
神業成就がなされますように、
と祈りました。

しばらく
天晴れ!天晴れ!
あなにやし!あなにやし!

と祈っていると
愛しさと共にハートチャクラが全開になり
ああ、やっぱり全てが一つだなぁ・・・と
宇宙への感謝でいっぱいになりました。

するとその仏像が
だんだんと光ってくるのが分かり
しっかりと光の柱が立つのを
感じることが出来るようになりました。

きっとこれから
そこをお参りする方々も
自分の中にある仏性のエネルギーに気付き
ますます弥栄に真を尽くすような
気付きがあるのでは、と思いました。

心なしか仏像の表情が
柔らかくなったような気がしました。


気付きはどんな方にも必ず起きます。
その気付きが更にどんどんと
深いものになっていく時代にも突入しました。

内側を丁寧に観察すればするほど
更に深い気付きへと
導いてくれます。

その気づきの果ては
自分の本来の姿は
神であり、
光であり、
愛そのものであるという
深淵な気付きとなっていきます。

今年はその気づきの上で
どう行動するか、
どういう現実を創造するか、
がテーマになっていくと思います。

どうぞ思う存分、遠慮なんかせず
思いっきり制限を外し、
真のあなただからこそ出来る
大胆でユニークで豊かで自由で愛と至福の
現実を創造してください!

共に創造していきましょう!!




posted by Office_Kuweli at 16:51 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

2020年の幕開けです!



明けましておめでとうございます。

昨年の11月に入ったとたん
大きな動きがあったと共に

体調が一気に崩れ
2か月ほど咳が止まらず、
呼吸がしにくくなり、
動悸が酷くなり
目の角膜に傷がついたり、
めまいがしたり・・・と
なんとも凄まじい体調の変化を
体験しておりました。


ですが、そんな状態とは裏腹に
その合間を縫って各地の神々様に呼ばれ
高千穂、阿蘇、宗像など、各神社に呼ばれ
神事をさせて頂く機会にもあずかりました。

本当に怒涛の2ヶ月でした。

ですがそれらの体調は
病気ではないことは分かっていたので
より深い部分での浄化であり
地球全体が更に高い波動の上昇をしていることを
実感しておりましたので
「激動」とはまさにこういうエネルギーなのだなぁと
体験を通して学ばせてもらいました。


皆様の中にもそのような
原因不明の体調不良を
経験された方もいらっしゃると思いますが
それは浄化であり、
出てきた症状は全て
エネルギーのバランスを調整するためのものですので、
余り心配されないよう
宇宙にお任せでリラックスして
お過ごし頂ければと思います。

実際、年が明けて
だいぶ体調は回復されたのではないでしょうか?

私も年末はずっと家で過ごし
年明けの今日、
久しぶりに外出したのですが

自分自身の感覚の違いを存分に感じると共に
所々景色が変わって見えることに気付き
目に見える形でエネルギー上昇を実感しています。

今年2020年は行動する年です。
とにもかくにも「行動」あるのみ。

迷ったり躊躇したり、
と感情部分では
右に左にと揺さぶりを
かけてくるかもしれませんが、
それでも歩みを止めることなく
とにかく進むこと、
それが2020年のテーマであると思います。

そして今回の体調不良によって
実感したことは
体の波動を上げることも
大切なテーマであります。
テーマというと
今年1年かけてゆっくりと、
と感じるかもしれませんが
そのような悠長な時間の流れは
どんどん無くなっていくように感じます。

今すぐ意識を変えていく必要があると思います。
バランスを崩したままにしておくと
一気にそのバランスの崩れが
加速していくと思います。

2か月、体調を崩している間、
いかにこの体が
大切で神聖で、愛しく
素晴らしい役目をしてくれているのか、
感謝がどんどんと湧きあがってきました。

そして何よりも
体は自分の所有物ではありません。

この地球で魂を降ろして経験するために
一時、宇宙からお借りしている
大切なご神体です。

この体は神意識が宿ることが出来るほど
凄いものなのです。

どうぞ大切に扱ってくださいませ。

かくいう私もそのことが分かるまでに
長い時間を要しました。
ですからいかに体が
大切なものか、
神聖なものかを
痛感しております。

どうぞ体を充分に愛して、
そして感謝で使って下さい。

運動したり、呼吸法をやってみたり、
体が心地よいと思うものを摂取したり
日常の些細なことでかまいませんので、
そのような時間をしっかりと
日々の中でとっていってください。

それでは今年も皆様にとって
弥栄で自由で豊かな年となりますように
心よりお祈りしております。



posted by Office_Kuweli at 14:39 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

心の闇を受け入れる

2019.7.7.JPG
伊勢の伊雑宮の鎮守の森の樹です。素晴らしいエネルギーの森でした



ここ数ヶ月(水面下ではここ数年前くらいから)
「白日のもとに晒す」という
内容のニュースが増えてきているように思います。

スピリチュアルの世界でも
ディスクロージャー(情報開示)内容の
本やテーマが増えてきています。

これは外側の世界(現実とよばれている世界)
のことでもありますが、
「内側にあるものが外側に」という宇宙の法則通り、
私たち一人ひとりの中でも起こっていて、
宇宙がそれを突き付けているのです。

「あなたはどうするのか?」と。



自分の深い部分を見つめていくと、
まだまだ見たくない部分、
信じていたい部分、
受け入れたくない部分など
「心の闇」と言われるようなところが
予想以上に多いことに気付きます。

普段、無意識下に置かれているものがほとんどなので
気付けない(気付きたくない)でいるという状態です。


ですが宇宙規模で
エネルギーが高くなっているため、
重く粗い波動のそれらの感情や概念は
今どんどんと浮き上がってきているのが現状です。


そして本来浮き上がってきたなら
それを認め、受け容れ、光に還すことが大切なのに、
未だ否定や、見て見ないふりをして
やり過ごそうとエゴが動き出すことも多くあります。


ですが、もうそうもいかなくなってきました。

今まではなんとかやり過ごせたことが、
もう誤魔化されなくなり、
逆にそれを誤魔化そうとすればするほど
心と現実のかい離が酷くなり
益々苦しくなるばかりです。

今こそ本気の本気で
それらのことを認め受け容れ光へ還す時です。 


何を自分が抱え、誤魔化し、言い訳をしているかは
自分自身にしか分かりませんが
誤魔化しのきかないことでもありますから
抵抗せず素直に受け入れることを
さっさとやってしまったほうが楽だな・・・
と思う今日この頃です。


posted by Office_Kuweli at 17:39 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

目覚めを選んだ魂

2019.4.5-2.jpg2019.4.5-3.jpg2019.4.5-1.jpg
今年の家の近所の桜並木。満開の中、南風と共にヒラヒラと花びらが舞っていました。




目覚めることを決めた人たちから
どんどんと深い気づきとともに
目覚めが起きているのが
世界のエネルギーの伝わり方で
実感しいる今日この頃。

肉体の素晴らしさ、神秘さ、
それらを感嘆と驚きの中で観察していると
宇宙の愛の深さを感じ
それをエゴの集合意識だけで
病気や老い、更には肉体死という結果を
具現化するのが申し訳なくなってきます。

こんな素晴らしいものをどうして傷めつけたり
朽ち果てさせる必要があるのか、と。

そして気づいた人から
その不条理というか不整合というか
違和感でしかないこれらの現象から完全に出るため
集合意識からの離脱をしていく人たちが
これからどんどんと増えていくことでしょう。

私たちの次の世代は
それが当たり前になった世の中を
生きるためやってきた
目覚めた意識の魂。

そして私たちは
それらの魂が思う存分具現化するために
下地を創る先発隊。

でもそれは「お役目」や「使命」などという
大それたことではなく
在り方、生き方を通して
周りにそのエネルギーを伝えるため
ほとんどの人が名もなき、
普通の人生を生きることを選んだ魂。

誰かに褒めてもらうでもなく、
認めてもらうでもなく、
ましてや周りから
そのような存在だと気づかれることもなく
存在し続ける。

目覚めが進んだとはいえ、
まだまだ大変化の夜明け前。
その時代を目覚めて生きることの困難さをもろともせず
果敢にチャレンジすることを選んでやってきた魂。

誰かのため、何かのためというより
それをせずにはいられないというほどに
嬉々として純粋の喜びのためにやってきた魂。

それが今、この時代を目覚めるためにやってきた
あなたがたの魂の本質です。

どうぞ、その純粋な喜びのまま
目覚め続けることを諦めないでください。

そして
その勇敢な魂に心からの感謝と愛を贈ります。





posted by Office_Kuweli at 08:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

無題




「近いも遠くもない、
大きいも小さいもない、
賢いも愚かもない、
私もあなたもない、
内側と外側もない、
境界が溶解して、
ひとつに溶け合うかのように見えるが、
もともと境界はなかったところに、
自分で線を引いたのだ。

この境地に達したとき、
隠遁するのではなく、
この世の中、この世界で淡々と生きる。
個という肉体を持って、生きていく。」  


『藍の書』辻麻里子 著





posted by Office_Kuweli at 14:38 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする