2016年10月31日

全てはある



以前、仙骨について
ガイドから教えてもらったことがあります。

仙骨は一番最初に出来る私たち人間の
体の場所で、
そこからこの3次元が展開される。

その波動が背骨を通って蝶形骨に伝わり
蝶形骨の上に乗っている松果体へと
波動が伝わる、と。

あるスピリチュアルリーダーも
下丹田が3次元の反射ポイントであり、
いのちのエネルギーは
そこから放射されると仰っていました。


そのため、これからこの下丹田(仙骨も含め)が
とても大切になってきます。


その時に私たちはつい、
それでは下丹田に意識をして
そこからいのちのエネルギーが
放出されるイメージをしよう、
などと考えるかもしれません。


これは大きな間違いです。


これは、そこにないから、
取りに行くという発想から来るものです。


実はこれをしようと頑張っていた私は
ガイドから
「そうではなく、もうあることに気付きなさい」
と言われました。

「もういのちのエネルギーは
体全身、細胞の隅々までいのちのエネルギーで
満ち満ちているのです。
だから生きていられるのですよ。

ない(少ない)と思っているだけで
もう全てに満ちているのだから、
満ちているという事に気付きなさい」

と言われました。


そして今朝、
また同じことを言われました。
(と、言う事は私も含めて
同じように、つい癖で取りに行こうとしている方が
多いのだと思います。)


松果体を活性化させるんだ、
と思っていたら
活性化するのではなく、
もう活性化されているのだから
それに気付きなさい、と。


なんでもそうです。
目覚めなきゃ、
ではなく
目覚めていることに気付きなさい。

波動を上げなきゃ、
波動が上がっていることに気付きなさい。
etc・・・。

気付きなさい、それだけです。


求めようとするから
何かを探すのです。
情報だったり、
人だったり、
モノだったり、


ハウツーだったり、
技法だったり、
ヒーリング方法だったり。


求めなくてもちゃんとあるのです。

宇宙は全てを私たちに与えています。
(魂的にも実質的にも)自立して生きていけるように。


だから今、
私たちがしっかりと癖付けしないと行けないのは
求めて探すのではなく
あると気付くこと、
その一点です。

いよいよ次のステージ、
無限の神意識で
輪廻を超えて生きる
時代に突入し始めました。

無限の神意識は他に求めたりしません。
自分は一体誰なのか、
そこをしっかりと
忘れないようにしなければいけません。

宇宙は益々、
私たちの本気を求めてきます。
それにどう応えるか
日々の自分の在り方にかかっているのだと
実感しています。

2016.10.23-3.jpg














posted by かおる at 10:13 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする