2017年07月28日

端を見よ!

DSC_0484.JPG
日々暑いので、ちょっと涼しい画像を


先日からずっと
「端を見よ」
と、上から言われ続けていました。

あるスピリチュアルリーダーの方は
虚空のゼロポイント(真の私たちの中心)
から光が放出され
波のように広がり
もうこれ以上広がらない所まできて
再びゼロポイントへ吸収される際、

もうこれ以上広がらない所が端、淵、であり
それが3次元の世界のことだと

仰っていました。


要するに
純粋で透明な光の状態で
あったゼロポイントから
様々な色の付いたフィルター
(概念や感情、判断など)を通して
この3次元はある意味、
色とりどりの世界を表します。


ただ目覚めると言うのは
この色つきフィルターを外し
ゼロポイント
(純粋で透明な光=真の自分=意識)と
直結した状態になり、
それをこの3次元で具現化することなのです。


ですから3次元(端)に存在するものは
全て真の自分とは違うものです。

真の自分、意識は3次元ではなく
ゼロポイントにあります。
感情は3次元にあります。

ですので
今、感じている感情も
フィルターを通して
3次元に投影されているものです。

ということは3次元にあるものが
今、自分で映し出しているものなので
状況、感情、概念、などが
偏っている場合
ゼロポイントからフィルターを通して
具現化されていると認識できます。

ですが目覚めが進んでいくと
それらを手放し光に還されていくので
よりゼロポイントと直結したエネルギーが
3次元に反映されます。


そして至福
(至福は感情ではなく
エネルギーの状態です)
で一杯になり
至福のエネルギーで満たされた物事が
3次元に具現化されていくのです。

その具現化がどういうものかは
人それぞれ違いますが
(それが目覚めた真の個性
ということになります)

ある意味、
3次元(端)の世界
(感情も含む)を眺めることは
今の自分自身の在り方が分かる
簡単ではっきりと分かる方法です。

そうすると私の中で
何か偏りがあるな・・・と
思ったのですが
その顕著なものが「遊び心」でした。

現状があるから
それらの感情が湧かないのではなく
その感情を握りしめているから
現状がそうなることは
もう皆さんご存知ですよね

自分の中で一生懸命
偏りを探すより
目の前の世界や感情を観察することが
偏りを早く見付けるコツですから
しっかりと端を観察し続けることを
クセ付けされるといいかと思います。

これも目覚めを促す日々出来る
シンプルな方法の一つです。
(また実際に目覚め始めた方が
しっかりと目覚めを定着させるのにも
役立つと思います)

ということで
私も遊び心を発動していこうと思います!






posted by かおる at 09:22 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする