2018年11月30日

赦されているから存在する

2018.11.20-3.jpg
家の近所の氏神様です。豊饒際バージョンになっていました。



感じる感情は全て
この世界に必要だから感じるのです。
存在していい感情なのです。

だから
怒りや不安、恐怖が
湧いてきても
それを責めたり、
拒絶したりする必要はないのです。

ましてや
「持っていてはいけない感情だから
手放さなければいけない」
ものではないのです。

その感情が湧いてきたということは
この3次元の世界に
受け容れられているから
湧いてくるのです。

この世界にある
物事、現象、感情、概念、信念
ありとあらゆるものは
存在を「許(赦)されている」から
この世界に現れるのです。

ですから、
ネガティブな感情だから、と
邪険にしないでください。

もちろん
その感情は目覚めに向けて
必要のない感情です。
目覚めが進んでいくと、
おのずと手放していくことでしょう。

でも、
勘違いしてはいけないのは
それらは赦されて
湧いてきたのですから
まずはその感情を
そのまま受け入れることが
大切なのです。

そのうえで
もうその感情は使う必要がないし
使い道がないことを実感し

今まで散々それらを使って
感じていた
悦びを
(ネガティブと言われる感情ほど
人生をドラマチックにしてくれるので
本当は人間意識の方々の
心の奥深くはネガティブ感情が
大好きなのです)
感謝してお礼を言って

そして
愛のエネルギーで手放してください。

意外とみなさん、
手放すことをしよう!
という意識が強すぎて
赦し、感謝する意思が
薄いように感じます。


全ては
今ここに存在することを
赦されている。

これは凄い奇跡であり、
宇宙のとてつもない愛の深さです。
宇宙の愛によって
存在していることを赦されている。

それだけで
ネガティブ感情も
愛しく素晴らしい存在だと
思いませんか?

どうぞ愛をもって
手放していってくださいね




posted by かおる at 15:16 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする