2017年11月10日

中心に在り続ける

2017.04.29.jpg


今月に入り
益々エネルギーの
加速が速くなり
数秒単位で気付きが
起きています。

いよいよ
何かのカウントダウンが
佳境を迎えているように
感じます。

ここ1週間で
改めて上から
徹底的にさせられているのは

真の中心、
空の中心に
在り続けること。

そこで光の柱を
しっかりと立て続けること。

すなわち

それは常に
意識的で在り続けることです。

そこには何一つ
偏りもなければ
ジャッジや分析など
在りません。


個の介入が一切ない状態、
ただ「在る」状態です。

まだ皆さんは
勘違いされているかもしれませんが

意識の目覚め、
覚醒というのは

ある時、
突然に
雷に打たれたような
「分かった!」
とドラマチックなことが
起こるのが
目覚めだと
思っているのかもしれませんが
それは違います。

常に意識的で
ただ「在る」状態が続いていたら
それはもう目覚めている状態なのです。

「在る」状態=目覚めの状態

です。

それは
日々の一瞬一瞬の
あなたの意思で
起こっていくことなのです。

ですから

「時々、その状態になる」
というくらいの
生半可な思いでは
意味がないのです。

どれだけ
全身全霊に
真摯に
それと向き合えるか、

今が踏ん張りどころ
なのです。

常に意識は
空の中心
光の中心です。

ただそれだけです。

とてもシンプルです。

でも
とても覚悟が要ります。














posted by かおる at 09:57 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

真の意識的状態とは

2016.03.21-2.jpg


今日はかなり強めの
メッセージをお伝えします。

私自身への再度の
念押しでもあるので
私も更に気を引き締めようと
思いました。



ここのところ
怒涛の同一メッセージが
やってきていて
徹底的にそれをしろ!と
宇宙がものすごい勢いと
エネルギーで伝えてきます。

8月くらいから
更に変容エネルギーが
強くなってきましたが
年末に向けて
更に更にその勢いが
増してきています。


どうにもこうにも
今までの

まあ、なんとかなるさ

というモチベーションでは
越えられない状況に
なってきたようです。

と、言っても
最終的には何とかなるんでしょ?

という甘い考えは
一切捨てたほうが
よろしいかと思います。

伸るか反るか

です。



さて、
上記の宇宙からの
メッセージですが
たった1つのことだけを

手を変え品を変え

言葉や表現を変え

伝える方法を変え

あらゆる角度から
メッセージを伝えてくるのですが
全部、内容は同じです。

だから
とんでもなく
大切で
とんでもなく
これを徹底しないと
もう無理だよ、と
言われているようです。

それは

意識体(本当の自分)で
全てを生きる

です。

これ散々言われてきたことですが
どうやら
出来ていない人が
ほとんどらしいです。

やってるつもり。
なってるつもり。

だそうです。


アジャシャンティは
この状態を「静寂」と表
現していますが

私たちの真の姿は
この静寂そのものであって、

静寂になる、
という表現はおかしい、
と言っています。

もし意識して
その状態であるなら
それは真の静寂(真の自分)
ではない、
ということだと
はっきり言っています。

実は同じことを
上から数週間前に
言われまして

感情を観察して
手放している(つもり)のは
誰か?と言われました。

エゴがエゴを
観察しているのでは
同じことを繰り返すだけで
なんの発展、進化はない

と、きつくはっきり言われました。


もし意識的に感情を見て
手放しているのに
何も現状が変わらないなぁ・・・と
思われるようでしたら
まさにこの
エゴがエゴを
観察している状態です。

申し訳ないけど
なんの進化もありません。
そんな無駄なことは
止めましょう。


でも
やらないより
やった方がましじゃない?

と思うかもしれませんが

もうその段階は
とっくに過ぎました。

本気の本気で
目覚めることを決めて
実行するのでなければ
何の意味もありません。

流れは完全なる目覚めに
もう移行します。

目覚めているのと
目覚めたつもりでいるのでは
全く波動や次元が違います。

そこの誤魔化しは
一切出来ませんし
完全な目覚めへの流れに
乗ることは出来ません。

ですから今は

一瞬、一瞬が
勝負なのです。

だから

伸るか反るか

なのです。



今一度、
自分の状態を真摯に正直に
見つめ直してみて下さい。
もう立ち止まっている
時間はないのですから。

(次回はこの続きをお話します。)
posted by かおる at 10:05 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

意識の広がり、真の中心

1501838880582.jpg

この3次元の物質世界
及び人間意識の
常識、概念、固定観念など
ありとあらゆるものが
幻想であり
それを徹底的に手放すように
日に日に強く
上から言われています。


その声はどんどんと
強くなってきています。

バシャールは言っています。


『肉体すらも、
あなたの意識の中にあるもので、
意識が肉体の中に
あるのではありません。』


私たちは余りにも
人間の中に意識を置きすぎて
一体になり過ぎていたために
真の私たちである意識は
人間のように
姿形があると
勘違いしているかもしれませんが
それは違います。

この世界に存在する
全て何もかもが
真の私です。

バシャールが言うように
肉体の中に意識があるという
固定された感覚から
物事を見ても
所詮、それは
個の枠から抜けることは出来ません。

よく「内側の声を聞く」とありますが
この内側は個の内側ではありません。


壮絶な臨死体験をした
アニータ・ムアジャーニさんも
臨死体験の時
自分という存在が
肉体から解放され
どこまでもどこまでも
意識が広がっていったと、
その時の様子を伝えています。

つまり
目覚めることとは
肉体から解放され
意識が広がった状態になります。

想像してみてください。

そのように解放された意識の状態で
お金や健康、老後のことなどを
心配するような感情が
出てくると思いますか?

何かに偏った思考や概念で
拡がり続けることが
出来るでしょうか?

それを想像できますか?

出来ませんよね(笑)!

偏っていると
ちゃんと拡散出来ないのと同じように
上記で書いた
「内側に聞く」の内側は
真の私の中心のことです。

なんの偏りもない
真の中心。

そこから聞くのです。

そしてその真の中心から
世界は広がるのです。

ですから
どうぞ
常に偏りのない視点で
全てを眺めて見て下さい。

分かれば後は
どんどんと手放していくだけです。
人は自分にそれがあると
自覚しない限り
真剣にそれを手放そうとしません。
ただ頭で理解しているだけです。

頭で理解することと
そのように生きることでは
雲泥の差、天と地との差があります。

要はどの中心で生きているかです。

強く強く上から言われ続けているということは
私も含めて
まだどこか他人事であり
真の理解が出来ていないのだと思います。

なぜかここへ来て
更に急ぐように言われています。
(焦る必要はないですが)
それもかなり強く。

上なりの愛のメッセージだと思います。

どうぞ益々、
真摯にクリア(偏りなく)に
日々を過ごされますように・・・。










posted by かおる at 09:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする