2019年02月22日

「素直さ」という特質

2019.02.22.JPG

ずっと感じていたことですが
思ったことが具現化する速さが
どんどんと加速してきている昨今、
より顕著に感じることがあります。

それは「素直さ」です。

私の周りで
物質的にも才能的にも豊かである人の
特徴の一つとして
素直さ」という特質があります。

「特質」と書きましたが
本来は当たり前のことなのですが・・・。

私たちが信じて疑わない
「個」が自分であるという
幻想から離れていけばいくほど
「これが私!」という考え方が
いかに偏っているかが分かってきます。

それが変なプライドや
拘りになって
自分らしく生きたいと思っていても
さらに自分を苦しめるという
二重苦、三重苦を生み出しているのです。


ですが素直な方というのは
宇宙からの偏りのないエネルギーを
素直に受け取り
素直に流していくので
とても軽やかで柔軟で透明無垢の
エネルギー循環を起こしています。

そういう人ほど
変なプライドや拘りがありませんし
逆に
唯一無二の素晴らしい個性を発揮しています。

ありがたいことに
私の周りにそのような方が数人いらっしゃり
とても良いお手本とさせていただいています。

そして日々、ますます
素直」であることの大切さを実感しています。

ついふてくされたり、へそを曲げてみたくなるときが
ありますが
そういう時こそ
素直になって
それは誰がふてくされ、へそを曲げているのか
という根本的な問いかけをし直すチャンスです。
そして個の幻想から抜け出るチャンスであると
そのような出来事があることに心から感謝しています。






posted by かおる at 14:12 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

天からの後押し

1425789051741.jpg


先日、15年以上前のある出来事を
ふっと思い出しました。

私は20年近く前に、
ある日突然、植物の声が聞こえるようになり
それを伝えていくワークショップを開いていました。

その日は家の近所の公園で
のんびりと散歩を楽しんでいました。

すると突然、公園の木から
「『永遠』とは時間の長さではなく
瞬間の深さなのだ」
と、
とても強くはっきりとしたメッセージが来て
ビジョンを見せられました。

それは黒よりも尚黒く漆黒の闇で
そこには奥行きも深さもない
無限の闇が一面に広がっていました。

あまりの闇の深さと広さに一瞬、
足がすくんだのですが
よくよく見る安堵と愛の感覚で
いっぱいになりました。



その時は『永遠』を映像で
見せてくれたのだな、くらいにしか
捉えていなかったのですが

数日前、その出来事をなぜか思い出し
そして今になって分かったのですが
あの漆黒の空間は「虚空(ゼロポイント」だったのです。

それをなぜ、今、思い出したのか分かりませんが
今、だから分かる必要があったのだろうと
宇宙の意図を感じます。

あるスピリチュアルリーダーの方から

「日々、地からの後押しの力を
感じるように過ごすよう」

にアドバイスされ
それをするようになったのですが
それをすればするほど
よりグランディングがしっかりと出来るのですが
今まで色々なスピリチュアルワーカーの方々は教えている
グランディング方法は数あれど
これほど重力を感じない軽やかな
グランディングは初めてで
そして何より実感しているのは
宇宙に対する絶対的な信頼感、
絶対に揺らがない、ズレない、という
確信のような感覚です。

今日、近所の氏神様の神社へ
思い立って参拝したのですが
その際、この天からの後押しをしながら
手を合わせると
ものすごいエネルギーが大地から感じ
溢れ出る思いは、
ただただ全ての命の発展、繁栄。
そのためのサポートを
思う存分させて下さい、という祈り(意宣)。

すると力強い声が鎮守の森いっぱいに響きました。
「励めよ!励めよ!!」
そして風がないのに木々が一斉に揺れだし
「励めよ!!」の大合唱でした。

皆さんも、
もしよりしっかりとグランディングしたいと
思うようでしたら
天からの後押しエネルギーが
上から注ぎ、
それが大地に反射して
私たちの下から後押ししてくれている、
というイメージで過ごされて下さい。

これはやればやるほど凄いエネルギーで
とても大切な真実であると共に
地球や全ての命の後押しに
大きく影響していると感じます。




posted by かおる at 15:20 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

空間の慈悲




先日の話です。

バスに乗っていた時、
窓の外の景色をぼんやり眺めていると
意識が体から広がり
見える景色の空間全てに本来の真の私の意識が
広がり満ちていることを感じました。

その瞬間、
この空間に存在する全ての命、物、出来ごと、感情、感覚など
何もかも全ては存在することを許され受け容れられているのだと
全てを包みこんでいる空間の意識の
深い慈悲にも似た無条件の愛を強く感じたのです。
ある方はそれを全母と表現しています。

実は年末年始、
前回のブログでも書きましたが

虚空からの創造をしていたときに、
何か違和感があり
どんどんと疲弊していくような、
違う道に逸れていくような
そんな感覚を覚えました。

何かが違うと思っているうちに、
そのずれた感覚が具現化されたような出来事が起こり始め
気分が落ちこみ始めました
(本当に具現化のスピードが速くなりました)。


そこで気づいたのが、
虚空に意識を置いた状態で
言葉を使っていたことに気付いたのです。

「弥栄に誠を尽くします。
ますます全ての命が繁栄しますように」と。

言葉を発した瞬間に
そこには「個」が存在します。

言葉というのは有限ですから、
有限ということは分離の世界観の中でのみ存在するもの。

それを虚空でしていたのですから
分離の現象が具現化するのは当たり前です。

そこに全身全霊の愛の思いがあったら、
そうでもなかったのでしょうが
愛のエネルギーが湧いてこなくても、
そのように言葉で発していたので
どんどんど苦しい状態になっていったのです。


そこで言葉ではなく
思いだけを虚空から発しようと決めて
そのようにしていくと、
あっという間にずれていた現象がウソのように収まり
豊かで穏やかな状況がやってきました。

ああ、ちゃんと光の中心に戻れた、
という感覚が実感を通してやってきました

ちょうどそんな時に
あるスピリチュアルリーダーの方が『
「自分が祈っている」と思っていませんか?』と、
同じような内容でブログに書かれており、
やっぱりそうだったんだ!と思いました。

それからはずっと虚空の中心に意識を置き、
言葉ではなくエネルギーとして
弥栄のエネルギーを発するようにしていきました。
その矢先のバスでの出来事でした。


未だに「自分が」という癖が出てきてしまいますが
そのかわり気づいたら、あっという間に変化していきます。

改めて具現化の速さと
気づきの度合いの深さに感謝していると共に
それが起こる空間の凄さに
ただただ感服しております。



posted by かおる at 14:30 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする