2018年06月02日

無限のエネルギーのコトタマ


2015.07.24蓮1.jpg

先日、ある方から古事記の中にある
「あなにやし めおとめよ
 あなにやし めおとこよ」


という言葉を教えていただきました。
これはイザナギ、イザナミが
国生みの際に言った言葉だそうです。

私は早速、その言葉を口に出して唱えたところ
ハートのチャクラが一気に開き
ものすごい勢いでエネルギーが発散されるのを感じました。
クリスタルのようにキラキラとしたとても美しい純粋な光エネルギーでした。

それからは
前回のブログでも書きました
「天晴れ あな面白―」と共に
毎日、何度も口に出して唱えています。


先日、「あなにやし―」と
唱えたところ一瞬のうちに私自身のエネルギーが
大きく広がり軽やかになりました。

その時に一体これはなんなのだろう?と思った瞬間に
上からの答えとして
錠前と鍵のイメージが出てきて
その鍵穴に鍵が完全に「合一」し、
何かが開いた、
という感覚が湧いてきました。

先ほど瞑想でさらに深くその内容を教えていただきました。

「あなにやし」の言葉のエネルギーの本質は
完全なる無限のエネルギーを
この3次元に体現するためのコトタマだそうです。

私たちは3次元という
有限で二元の世界に存在しています。

ですから私たち自身も有限しか
体現できないと思っているかもしれませんが
実はそれはそのようにDNA操作をして仕向けられた
ただのプログラムであって
この3次元でも
本当は無限を表現できるのだそうです。

それを可能にするのが
「あなにやし めおとめよ
 あなにやし めおとこよ」
のエネルギーなのだそうです。

ただ以前から
不思議に思っていたことが一つありました。

それは唱える順序です。

「あなにやし めおとこよ」が先だと
エネルギーは全く動かない(発動しない)のです。

そしてネットで調べて
初めて知ったのですが
実は古事記でも同じことが書かれていて
最初にイザナミがイザナギに
「あなにやし めおとこよ」と言い

次にイザナギがイザナミに
「あなにやし めおとめよ」と言ったところ
国生みがうまくいかなかったため
もう一度、
今度は逆に
イザナギが「めおとめよ」を先に唱えたところ
国生みがうまくいった、と書かれてあるのです。

これはただ単に
男性から女性に告げる事は卑しいとか
女性が出しゃばってはいけない的な
そんな偏った表面的なことではなく

この3次元も含め
あらゆる次元の誕生は
先にイザナギが発するエネルギーで、
その次にイザナミの発するエネルギーがくることで
定着、具現化出来るという
エネルギーそのものの性質であり、
在り方だったのです。

そしてこの言葉を
光の柱、またはゼロポイントの中心の
状態で発することで
私たちのDNAに
有限プログラムとして埋め込まれていたものが
解除される、とのことでした。

ですのでぜひ、
みなさんにも
この言葉の素晴らしさを
お伝えしたいと思います。

唱える際は
必ず光の中心からです。

エゴの意識では何の意味もありませんので
ご注意を!
posted by かおる at 13:25 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

天晴れという命エネルギー

2018.03.30-4.jpg2018.03.30-1.jpg2018.03.30-2.jpg
少々時期的にずれましたが近所の桜並木の画像です。綺麗でした。





世間は昨日からゴールデンウィークに入ったようで
天気と相まって
空気が軽やかで楽しげなエネルギーで満ちていますね。

さて、最近、上から
アカシックレコードへ繋がるように、と
メッセージが何度も送られてきて
そのツールなども不思議とやってきて
もともと、この個の得意とする
「メッセージを伝える」というソースを与えられているような気がします。

今はまだお伝えするメッセージは多くはないのですが
個人へ向けてお伝えする機会があれば
このサイトを通じて告知をしていきたいと思います。


まずは、1か月前くらいから
急に古事記や神道の祝詞などから
メッセージをもらうことが増えてきて
皆さんの何かのお役に立てればと思い
シェアさせて頂きます。

たまたま本屋さんで手に取った本が神道関連の本で
様々な祝詞が載っていました。

それを読み進めているうちに自分でも調べるようになったときに
ある言葉に出会いました。


「天晴れ あな面白(おもしろ) あな手伸し(たのし) あな明け(さやけ) おけ」


これは古事記で天照大神が天岩戸にお籠りになり
そこから出られたときに神々が発した言葉です。

意味としては

「天晴れ」・・・天が晴れたように明るくなり 
「面白」・・・顔が光り輝いて
「手伸し」・・・喜びで天に腕を思いっきり伸ばして
「明け」・・・清々しく爽やかだ


という意味です。
これはまさに私たちの真の姿の在り様で
「命エネルギー」そのものを表しています。

本来であればこの言葉のような状態に満ち満ちているのが
私たちの真のエネルギーの状態ないのですが
「個」が自分であるという幻想を抱えたままですと
この命エネルギーに満ちる事はありません。

そのためにまずは個という幻想を手放すこと(意識の目覚め)を
世界中のスピリチュアルリーダーたちはメッセージしているのですが
なかなかその幻想から抜け出せない、
という方がとても多くいらっしゃいます。


その方たちの共通の状態としては
頭では分かっているけど
どうやったらそれが分かるのだろうか?
ということだと思います。

そこで気づいたのですが
この命エネルギーに満ちた状態を少しでも感じ続ける事が
早く幻想から抜け、目覚めを促す
促進剤になるのではないかと感じました。

そしてそれは上記の
「天晴れ・・・・・・」の言葉そのものに
大変強いエネルギーが宿っていることに気づきました。


初めに私がこの言葉の意味を理解したうえで口に出したところ
情景とともにものすごい力が沸々と湧いてきて
胸のチャクラが一気に開いたのに気付きました。

そしてその言葉を何度も何度も口にしていくと
常に光が内側から発散さることに気付きました。

そして何日もそれを続けていると
今度は言葉ではなく、
その波動のみを虚空の中心から発散させるように
イメージしたところ
言葉を使用しないでエネルギーだけのほうが
さらに強いエネルギーが発散されるのが分かりました。


言霊の意味を皆さんはもちろんご存じだと思いますが
言霊は音にして初めてエネルギーが発動されますが
本来であればその逆で
発したエネルギーを言葉にしたことで
より明確に3次元(分離の2元性)では
伝える事が出来るということですので

真の私の存在する分離のない非二元性の状態では
言葉よりエネルギーそのものの方が
よりストレートに強力に広がっていきます。

ですのでもし命のエネルギーをなかなか感じる事が出来ないということであれば
まずは上記のことを口に出して何度も繰り返し唱えてみてください。
そしてそれに慣れてきたら今度は言葉を外してその言葉のエネルギーだけを感じて
虚空の中心(ハートの中心)から波動のように四方八方広がるような
イメージで発散させていくようにしてみてください。

やる気が出ないとき、気分的に落ち込んでいる時、迷った時などには
特に意識してやるようにしてください。

この天晴れの状態こそが本来の私たちの姿、在り様です。
それが当たり前なのです。

そのエネルギーで満ち満ちている状態は
もうすでに目覚めている状態です。




posted by かおる at 13:40 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

「分離」から目覚める瞑想とワーク



今日は
瞑想からの
気づきのワークの
ご提案です。
とてもシンプルな方法ですが
とてもパワフルですよ







まず深呼吸などで
リラックスして
真の中心(虚空)に
意識をして

そこで思う存分、
愛と至福のエネルギーを
感じてみてください。

そして充分に感じた後は
そのエネルギーを
360度、四方八方に
広げていってください。

エネルギーはどんどん広がり
それは無限に広がりを続けます。

その愛と至福の
無限の広がりを
充分に味わってください。


そして味わったら
感じてほしいのです。


無限に広がっていくエネルギーに
どこか滞りはあっただろうか?

もうこれ以上は限界だと
思うところは
あっただろうか?

多分、ほとんどの方は
それを感じることなく
広がりを心地よく
感じていたと思います。


要するにエネルギーが
どこまでも広がり続けて
いるということは
分離がないからなのです。

そして気付いてほしいのです。
もともと「分離」などというものは
存在していないのだ、と。

「真の私」と「それ以外」
または
「あれ」と「これ」
という分離は存在しない。
ただの幻想であると。

一見、そう見えるだけで
実はただ愛と至福の
光の波が幾重にも
広がっているだけなのです。

だからどうぞ思う存分
広がり満ち満ちていく
愛と至福のエネルギーを
感じ、喜び
どんどんと
広げ続けてほしいのです。

どこまでも
無限に広がるエネルギーを
感じてほしいのです。

そして
常に広がりの中心は
真の中心(虚空)、
真の自分から
感じるようにしてください。


そうすると
だんだんと
「分離」という
感覚や概念が
薄れていくことに
気づくでしょう。


光り輝く愛と至福の波が
永遠に広がり続け
幾重にも幾重にも
360度の波紋を描き
無限に広がる様を
どうぞ中心から
感じていてください。


これは瞑想ではありますが
常にこの感覚で在り続けるという
ワークを
常に行うことを
心掛けてほしいのです。

瞑想中であろうと
日常の意識であろうと
そこにも「分離」はありません。

これが目覚めの状態です。


1分でも1秒でも
この分離のない状態を保って
日々をお過ごしください。






posted by かおる at 14:48 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする