2018年02月23日

「分離」から目覚める瞑想とワーク



今日は
瞑想からの
気づきのワークの
ご提案です。
とてもシンプルな方法ですが
とてもパワフルですよ







まず深呼吸などで
リラックスして
真の中心(虚空)に
意識をして

そこで思う存分、
愛と至福のエネルギーを
感じてみてください。

そして充分に感じた後は
そのエネルギーを
360度、四方八方に
広げていってください。

エネルギーはどんどん広がり
それは無限に広がりを続けます。

その愛と至福の
無限の広がりを
充分に味わってください。


そして味わったら
感じてほしいのです。


無限に広がっていくエネルギーに
どこか滞りはあっただろうか?

もうこれ以上は限界だと
思うところは
あっただろうか?

多分、ほとんどの方は
それを感じることなく
広がりを心地よく
感じていたと思います。


要するにエネルギーが
どこまでも広がり続けて
いるということは
分離がないからなのです。

そして気付いてほしいのです。
もともと「分離」などというものは
存在していないのだ、と。

「真の私」と「それ以外」
または
「あれ」と「これ」
という分離は存在しない。
ただの幻想であると。

一見、そう見えるだけで
実はただ愛と至福の
光の波が幾重にも
広がっているだけなのです。

だからどうぞ思う存分
広がり満ち満ちていく
愛と至福のエネルギーを
感じ、喜び
どんどんと
広げ続けてほしいのです。

どこまでも
無限に広がるエネルギーを
感じてほしいのです。

そして
常に広がりの中心は
真の中心(虚空)、
真の自分から
感じるようにしてください。


そうすると
だんだんと
「分離」という
感覚や概念が
薄れていくことに
気づくでしょう。


光り輝く愛と至福の波が
永遠に広がり続け
幾重にも幾重にも
360度の波紋を描き
無限に広がる様を
どうぞ中心から
感じていてください。


これは瞑想ではありますが
常にこの感覚で在り続けるという
ワークを
常に行うことを
心掛けてほしいのです。

瞑想中であろうと
日常の意識であろうと
そこにも「分離」はありません。

これが目覚めの状態です。


1分でも1秒でも
この分離のない状態を保って
日々をお過ごしください。






posted by かおる at 14:48 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

2018年は行動の年

2018.02.05.jpg
↑ これは私の産土神社の
拝殿の横にある小さな祠の画像です。
とても温かいエネルギーに満ちています



今日はとても長い文章です。
今年に入り大きな変化が
起こってきています。


目覚めについての
色々なメソッドや秘儀、
テクニックなどあるけれど
結局のところ
本当に大切で絶対的に
マスターすべきことは

「愛の意識で在り続けること」

このたった一つのことに
集約されると思います。

それら全てのものは
そこに行きつくために
手を変え、品を変えた形で
手法や教えは存在するのだけど、
今の時代、
ダイレクトに
「愛の意識」につながるほうが
大切で簡単だと思います。

愛の意識で在り続けること
これだけのシンプルなことだけど
これが結局、全てなのです。

去年から意識の一瞥と言うのが
何度か起こるようになってきました。

この意識の一瞥とは
簡単に言うと
真実に気付き
目覚めを促す気付きが
思考レベルではなく
魂レベルで
「分かった!」状態になります。

(思考レベルでは「分かった」は
頭では分かっている状態ですが
実感として分かっていないため
行動レベルまでに達していませんし
まだ個が残ります)


その「分かった」の理解が
どんどんと
深いものになっていくと
個の概念がどんどんと
剥がれ落ち消滅していきます。

そうなると
「私が」「私は」「私の」という
ストーリーが出てこなくなります。

思考としては出てくるのですが
それが幻想であることを
知っているので
もうそのストーリーや
それに付随している感情を
掴むことはありませんし
フォーカスすることもありません。


注目されなければ
ストーリーはただ
流れて消えていきます。


そうなってくると
「『私は』何がしたいのか?」

「『私の』夢って何?」

などの問いに
具体的な事が
出てこなくなってきます。

そしてただ
愛の意識であり続けること、
これだけが大切で
それ以外はたいして
重要ではなくなってくるのです。

ただし・・・

ただし
だからと言って
何もせず毎日
愛の意識になるだけで
終わりか、
というとそうではありません。

そこからが
とても大切なのです。

虚空の深い深い部分から
まるで泉が湧いてくるような
感覚があるのです。

本当にやりたかったことが。

わたしの場合は
「伝えたい」でした。


真実を伝えたい、
愛の存在として伝えたい
その思いでした。

これは
個の思いではありません。

私を知る人たちは
「以前から言っていたことでしょ。」
と思うかもしれませんが

以前の伝えたいとは
全く質も次元も違う
「伝えたい」なのです。

これがどういう
形になっていくかは
これからの流れに
喜んで流れることで
分かっていくのでしょうが、
まずは目の前の出来ることから。


ブログを書くこと。
そして直接ご縁のある方に
お話する機会を持つこと。


もし興味あったり
何かピンとくるようでしたら、
ご連絡ください。

このブログの読者の方は
基本、
私と直接会っている方が
ほとんでです。
何かしらの連絡手段を
知っている方々です。

まずは今現在、
ご縁のある方から
何かサポートをさせて
頂きたいと思います。

もちろん
みなさんご承知だと思いますが
個が自分であるという
幻想真っ只中の
「人生」相談ではないことが
前提ですが。

もう本気で個を手放し
真の自分=愛の意識
で生きると決心した方々の
サポートです。

これからも
不定期ながら
このブログでも
色々とお伝えしていこうと
思います。

2018年は
様々なスピリチュアルリーダーの方が
行動をする年だと
言っています。

大きな変化が現実として
見える年だと。

ですから私たち一人ひとりも
頭の「分かった」で
満足しないようにしてください。

上記で書きましたが
魂の「分かった」は
行動が伴います。

どんな行動かは
人それぞれ。
些細な一歩かもしれませんし
大きな一歩かもしれませんが。

些細や大きいの差はありませんので。

私の場合は
宇宙に本気であることを
宣言するために
まず今年に入って
仕事を辞めました。

その直後、
個の私が一晩で3回も
死ぬ夢を見ました。

そして一瞥体験が起こり
分離と言う感覚が
幻想であることが
改めて分かりました。

そして
個のストーリー、
「私が」、「私の」
が消えてしまいました。

そして静かで繊細な
囁くような言葉を
キャッチしました。

「伝えたい」

その言葉は
まぶしい光と共に
虚空から湧いて
出てきました。

そしてブログの
文字という形で
そのことをお伝えする
行動を起こしました。

旧暦の新年も明けました。

皆さんは
どんな年にしたいですか?
そのために
どんな行動を起こしますか?










posted by かおる at 12:43 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

大冒険の始まりです!

DSC_0575.JPG


今日はかなり長い文章です。
何度かに分けて読まれてください。

(尚、この記事について
本当に重要なことは
最後の方に書かれていることで
そこに行きつくまでの
出来事ではありません)

これは
数日前の出来事です。

仕事の帰り
日も暮れた中、
電車に揺られ、
ある本を読んでいました。

その文章の中で
「個の終焉」という
言葉に
なぜか強く惹かれ、

どこからともなく
深い部分から

ああ、私もついに
「個の終焉」がやってきた、

と、しみじみと実感し
ハートの中心に
何とも言えない
至福のエネルギーが
溢れだしました。

そして
車窓に映る自分の姿を
見た瞬間、
ある映像が
車窓に映し出されました。

それは
ずっと前から
リアルに感じていた
あるストーリー。

そのストーリーは
高校を卒業した後、
改めて自分の意思で
高校に入り直した、
というストーリー、
過去の出来事。


実際に、
この個の
タイムラインでは
そうではないのですが
(高校は1回しか行っていません)

ものすごくリアルに
そのタイムラインもあると
20代前半くらいから
ずっと実感していましたし
記憶として
ぼんやりとではあるのですが
端々に思い出のように
心の中に存在していました。

でも車窓に映し出された映像は
高校に入り直したタイムラインと
重なるように
そのタイムラインの元になった
全く別のことが映し出され、
私はその瞬間
はっきりと
思い出したのです。


それは
私は他の星の
宇宙人としての記憶を多く持つ
魂を持っている、
という強烈な感覚と

その記憶は
完全に目覚め、
ワンネスの状態として
長い間、星を変え
姿を変え
存在していたことです。

気付いたときには
目覚めていた。
だから不覚
(目覚めていない状態)
を知らない。

そこで自ら
不覚の状態になり
そこから自ら
意図して
覚醒するという
チャレンジを持って
この魂は
三次元の地球に
降りてきた、

その記憶が一斉に
蘇ったのです。


その瞬間、
車窓に映っていた
地球人の
私の顔に重なるように

大きく、慈悲深く、
愛に溢れた
アーモンド型の目を持った
小さく細い体が写りました。

私は本来、
目覚めていたのに
わざわざ不覚になり
そこから目覚める
チャレンジをしている

そうはっきりと分かった瞬間です。

そう決めた
(人間意識で言うところの)
前世の姿が
車窓に映った
グレイの姿の私、でした。


つまり私にとって
目覚めることは
「思い出す」
ということなのです。

知らないものを
知ろうとするのではなく

もう既に知っていること
(成っていること)を
思い出す作業が
「目覚め」だったのです。

思えば
今、地球に存在している魂で
純粋な地球産の魂は
ほとんど存在せず
(わずか4%ほど
と聞いたことがあります)

大抵はどこかの星の
宇宙人として
長い間存在しています。

だとしたら
ほとんどの地球人にとって
「目覚め」は
ただ単に
思い出す作業なのです。

全てを知って、
全てを経験したうえで
ここに存在しているのです。

目覚めは
皆さんにとって
既知のものであり
未知のものではないのです。

そして未知なのは
この三次元と言う
制限だらけの世界で目覚め、

「無限」を表現しようとする、
そちらの方なのです、
本当にやろうとしていることは。

だからまず目覚めること、
そこが本来のスタートライン。

まだ冒険は始まってもいなかった!!

そしていよいよこれからが

冒険の始まりなのです!!!!






宇宙は様々なサインを通して
いよいよ
そのスタートラインからの
新しい始まりを告げることを
伝えています。

個の概念や感情、
もうそれが自分のもの、
と思っていたことが
遠い出来ごとのように感じます。

まだそこをやっている、
という方の存在も
また
遠くに感じます。

同じ空間に居ても
同じではない
何かズレのようなものを
感じます。

多分、
皆さんもそれを
感じ始めているのでは
ないでしょうか

いよいよ

「まるで夢のようだ!」
という
創造に満ち満ちた
冒険の始まりです

今日の新月から冬至まで
宇宙の天体そのものが
全身全霊の決断を促している
この1週間。

永遠の存在である
真の意識(真の自分)が
未だかつてない決断をする!と
サインを送っています

さて、未知の大冒険に出る
準備は出来ていますか?

答えが「Yes!!」なら
どうぞ
この1週間に宇宙に全身全霊で
自分の決断を伝えて下さいね

年末にこのような
決断をするなど
思いもしませんでしたが
きっと全宇宙にとって
エポックメイキングな年越しになるでしょうね

どうぞ
素晴らしい年を迎えられてください


posted by かおる at 16:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする