2017年03月30日

ナヴァラトリの9日間

1458377826198.jpg

昨日、あるメルマガで
28日からヒンドゥー教のお祭りで
ナヴァラトリが始まったと書かれてありました。

ナヴァラトリとは、
聖なる母と宇宙を祝う
ヒンドゥー教の伝統的なお祭りのようです。

地球規模で聖なる女性性のパワーが
強く活性化される期間らしいです。

お祭りの期間は4月6日までで
それぞれ聖なる母神のエネルギーを感じて
瞑想するそうです。

簡単に日程と
エネルギーの説明を書いておきますので
ぜひ光の柱を立てて
毎日、瞑想してみては
いかがでしょうか?

(本来はヒンドゥー教の瞑想の
やり方があるようです。)

以下、説明です。



3月28日 - 30日

強い意志と決断、
行動力を象徴とする
聖なる母、
マハ・ドゥルガーを感じる3日間です。

個の感情や執着、概念を断ち切り
意志と決意の行動を伴う
愛のパワーをイメージし、
自分の中心から
マハ・ドゥルガーのエネルギーにつながるように
意図し瞑想してみてください。


3月31日 - 4月2日

完全なるもの、
無限の豊かさ、
繁栄の象徴マハ・ラクシュミの3日間。

マハ・ドゥルガーによって
意識がクリアになった状態で
マハ・ラクシュミの
豊かさのエネルギーで満たしてください、
私たちには本来、
何ひとつ欠けているものはなく
満ち満ちた存在であること、
全てを創造できることを思い出して
瞑想してみてください。

4月3日 - 5日
スピリチュアルな
知恵の具現化の象徴
マハ・サラスヴァティの3日間。
悟りを開き、
意識が目覚めた状態へ導く神です。
宇宙の叡智を授けてくれるように
頼んでみましょう。
そしてこの3日間、
常に愛の言葉を発するという
習慣を創りあげましょう。

4月6日 ヴィクトリー・デー
9日間で3つのエネルギーを受け取り、
手放せずにいた
恐れや不安、必要のない概念から解放され、
さらなる変容を果たしていると
気付いてください。
この解放と変容を祝うのが
勝利の日、ヴィクトリー・デーです。
以前より意識がクリアになり
更に次のステージへ
上がった自分を心行くまで
お祝いし、
祝福の思いを伝えてください。



以上です。

これらは聖者サイマーの
サイマージャパンから頂いたメルマガの情報です。
詳しく知りたい方は
サイマージャパンのサイトを参照されてください。

それでは素晴らしい
9日間をお過ごしください



posted by かおる at 09:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

春分の日まで

2017.02.23.jpg


2月26日に
うお座の新月を迎えました。

ここから3月20日の
春分の日までが
とてつもなく大きな
分岐点になることを
スピリチュアルリーダーの方々が
発信しています。

大きな分岐点とは

完全なる「個」の死です。

完全に真の意識に
目覚めることです。

これを春分の日までに出来る限り
することです。

出来ないかもしれない、とか
出来なかったら
それはそれでしょうがない、
という甘い考えは捨ててください。

与えたものが戻って来るという
この世界の法則では

中途半端な決意は
中途半端な現実創造しか
起きないのです。



スピリチュアルな方の言葉として
出来なかったら、
それはそれがベストだったということだよ、

とありますが、

今回に関しては
その言葉は
ただの逃避、甘え、
自己弁護でしかありません。


出来なかったら出来なかったで
覚悟はしておいた方が良いでしょう、
と私は言いたいです。

それだけ宇宙は
真剣な問いかけをしているのです。

「それで、あなたはどうしたいの?」と。

もちろん何を選択するのかは自由です。
何を選んでも全てOKなのです。
そこに
正しいとか、間違っている
ということはありません。

ただ選択には
その結果はちゃんと
公平である、
ということです。

不平不満はもう通用しないと言う事です。


誰かのせい、
何かのせいしていたものが
ことごとく覆されるようになってきます。

今まで、
そして今起こっていること
感じていることは
全て何一つ例外なく
自分が創りだしているということを
受け止めなくてはいけない状況が
どんどんと出てくるということです。


本来であれば
そこを許し受け入れることが
意識の目覚めにつながるのですが
その意識の目覚めに対する
覚悟が中途半端だと
苦しいばかりで、
受け入れることが困難になります。

そうなるまでに沢山の時間と
労力を必要とするかもしれません。

ですが春分の日までは
宇宙がそれをサポートしてくれるのです。

後押しし、
いつもより許し受け入れるのが
容易な状態にサポートしてくれるのです。

どうぞ、このチャンスをお見逃しなく!

春分の日を分岐点に
ますます意識の目覚めと眠りの
二極化が進んでいきます。

再度言いますが
どっちを選ぶかは
あなたの自由です。

それに
良い、悪いも
正しい、間違っているも
ありません。
そこだけはお間違えないように。

そしてその許し受け止めることも
苦しむためにそれをするのではないので
楽しんでください!

心が喜ぶからやるのだという
姿勢はとても大切です。

深刻にやらないで
真剣にやってください。

真の自分に戻ることに
ワクワクして
癒され統合されていく意識を
楽しんで過ごされてください。

これが春分の日まで、
日々過ごす大きなポイントの一つです!


posted by かおる at 11:03 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

真の責任と覚悟とは

1483279958074.jpg

ここのところ
宇宙から
「覚悟と責任」について
テーマを次から次へと
突き付けられていました。

以前のブログに

「私は「責任」というのが
小さい頃から大嫌いで
とてもやっかいで
面倒くさいこと。
予期せぬ嫌なことが起こり
自分のせいではないのに
無駄なリスクを背負わされ、
自由を奪われるようなイメージ。」

と書いていました。

もちろん、これは「責任」に対する
間違った解釈です。


最近、あるスピリチュアルリーダーの方が書いた
本を読んでいるのですが

その方はスピリチュアルリーダーでありながら
ビジネスでも成功されていて
芸術にも長け、
武術の達人でもあります。


そんな全てにおいて
才能豊かでいらっしゃるけれど

真にスピリチュアルに生きると
もともと私たちは無限の創造者であるのだから
どの方面も豊かに現実化するのは
当たり前である、と
仰っています。

逆に言えば
どんなに自分がスピリチュアルな
生き方をしている、
探求している、
と思っていても
現実が豊かでなければ
それはスピリチュアルな人生を
生きているとは言えないと
はっきりと仰っています。

その中でまずは
自分が思ったことが
100%この世界を創っている
ということを
全面に受け入れること、
確信することが
大切だとも仰っています。

本当にその通りだと思います。
だとしたら上記の
私の「責任」に対する
解釈や受け取り方は
全然真実でもなければ
スピリチュアルではありません。

そう思い
全てを自分が創りだした、と、
見えるもの、聞えるもの、感じるものを
そのまま受け入れるようにしてみました。

するとそこで出てくるのが
「これはさすがに私が創り出したと
受け入れがたいことだ」
という不快感や怒りだったりします。


これこそがエゴの主張です。


ですが例外なく、
それも私が100%
創り出したものなのです。


そして、その受取りを
何の感情も解釈も分析も加えず
ただ受け入れるのです。

そうすると不思議と
愛と至福、
自由と豊かさの思いが
フツフツと湧いてくるのです。

そして改めて気付くのです。

「責任」とは
全てのことを自分が創造したと
素直に認め受け入れることなのだ、と。

そして
「覚悟」とは
自分がそれらを創り出す存在だと
覚悟することなのだと。


この世界は
意図で成り立っています。

宇宙は「こうしよう」
という意図をもったことで
出現しました。

(それを言葉に表現することは
余りにも広大、深淵過ぎて無理ですが)

私たちも然りです。

意図がなければ
個の展開はありません。


その意図
(個の願望では決してありません)を
しっかりと持ち
それに対する
覚悟と責任を
100%受け入れた時に
新たな展開が
起こって来るのだろうと思いますし
スピリチュアルに生きるとは
そういう事なのではないかと思います。

それなくして
スピリチュアルを探求していますとは
とても言えないな、
と反省している今日この頃です。


posted by かおる at 14:19 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする