2017年09月01日

期待を手放す

2017.04.29.jpg

「期待をしないでやる」

先日、
あるスピリチュアルリーダーの方と
お話をしていたときに
このことを話ていて
とても印象に残っていました。

私たちはつい
何かを求める時に
または
みんなのため、
宇宙繁栄のために、
と意宣る時に
一緒にもれなく
「期待」をくっつけていると
感じます。


大小、強弱は
ありますが
それでも
ゴマ粒一つたりとも
くっつけていません、
というのは
ほとんどないのでは
ないのかな・・・、と。

前出の
スピリチュアルリーダーの方に
数年前に言われたのが

弥栄に真を尽くしたいと言うけど
それが何も報われなかったとして、
それでも神様は見ていてくれてる、
と思っているかもしれない。

でも、それすらもなかったら
どうだろう?

それでも、
弥栄に真を尽くそうと
思うだろうか?

ということです。


この言葉は
まさに
「期待をゴマ粒一粒たりとも
くっつけていないか?」
の確認になると思います。

神様ですら見ていないこと。


どこかで
やはり
何か
期待していないでしょうか?

俗に言う善行ですら
期待をくっつけた時点で
それはもう純粋な
意図、意宣り、
愛からの行動では
ありません。

徹底して
「期待を手放すこと」を
しておくことが
とても大切だと感じます。

「期待を手放す」というのは
偏りの中でも
微細なエネルギーに入ると思うのですが
その微細な偏りでも
後々、大きなブレや
目覚めの壁になっていきます。

宇宙はそこまで
純粋な意図を求めているようです。

逆に言えば
今だからこそ
私たちは
その微細な偏りを
中庸へ導くことが出来る
ということです


追記
ただし
「希望を持つ」こととは
ちょっと違うので
そこはまたご自身で
どう違うのかしっかりと
内側を見つめるように
してください。

「期待」は
偏りがある状態の
ことですが

「希望」は
全一の愛の状態です。








posted by かおる at 09:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

態度で示す!

2016.10.23-3.jpg

先日のブログで
体のことについて
書きましたが

実は上から8月に入って
具体的に行動するようにと
散々言われ続けています。

思考や概念を挟まず、
ただ行動すること。
それに躊躇しないこと。

行動と言うのは
宇宙への意宣を
具現化させる約束事
のようなものであると
感じています。

どういうことかと言うと
私たちは

ああしたい、
こうなりたい、

そう思って
宇宙に
「そうします!」
と意宣ります。

それを行動は
態度で宇宙に
示しているということです。

その行動に
情熱と愛を込めると
益々、「そうします!」宣言は
宇宙にしっかりと届くのです。

ただ勘違いしないでほしいのは
情熱と愛と言っても
人間意識のそれとは
また違います。

情熱≠必死
愛≠愛情

ではないことは
このブログを読まれている
皆さんお分かりとは
思いますが・・・。

最初の一歩は
不安や恐怖が
湧くかもしれませんが
何かに偏ることなく
ただ純粋に
絶対に大丈夫という
宇宙への
100%の信頼と
開け渡しで
行動を起こす時
必ず宇宙も
動くということを
知っていて頂きたいと
思います。

さて、皆さん
行動を起こす時が
やってきましたよ



posted by かおる at 09:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

神聖な体



今年に入り急に
もっと体を大切に
扱わなくてはいけない、
と強く感じ

あるスピリチュアルリーダーが
考案した
動く瞑想と言われている
エクササイズを何度か習いに行きました。


それを夜寝る前に行っています。

そのエクササイズは
光の柱を立てて
ワンネスの感覚を
感じてから始めるので

「エクササイズ」と言うよりは
祈り(意宣り)を
体を動かすことで行っているような
(チベット仏教の
五体投地を思い出します)
感覚にいつもなります。

先日、また夜寝る前に行っていたところ
上から急にメッセージが来て

この体は神の依代(よりしろ)であり
神聖なものだから
目覚めは個の体を通して行われる。

だからもっともっと体を
丁寧に扱わなくてはいけない。

もっともっと
クリア(中庸であること)で
なくてはいけない。



と言われました。

私たちは目覚めは
意識(真の私)だけで
行われると勘違い
しているかもしれませんが

そもそも意識だけで、
体がなければ
目覚める必要はないのです。

だって最初から
目覚めている状態が
意識なのですから。



「目覚める」という行為(?)は
体が伴うことなのです。

その体を
私たちは
余りにも
勘違いして捉えていますが


目覚めてみると
今までどうしたら
こんなに雑でないがしろに
体を扱っていたのか、
と愕然としたときがあります。

そしてそれ以上に
どんな状態であっても
こんな愛しくて
健気なものはないと
愛の思いで一杯になりました。


「体は神殿である」
と言われた
スピリチュアルリーダーの方も
いらっしゃいましたが
まさにその通り。

神の住まう
(厳密には
神のエネルギーが通る)
神聖な存在なのです。


呼吸が大事と言うのも
その神聖な体を
呼吸を通して虚空の中心と
地球の中心をしっかりと結び、
綺麗に掃除をする役目があるのです。

呼吸は生命そのものを
具現化したものであると
私は思います。

ですから
愛の呼吸、
光の呼吸、
私のブログで書いた
クリスタルの呼吸など

日々、
呼吸を大切に
意識的にすることを
お勧めします。

特に今は
3次元自体が
大きな変容を
迎えようとしています。

更に体をしっかりと
ケアしてあげてくださいね。


posted by かおる at 17:14 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする