2017年01月10日

私たちが存在している理由

1470530060215.jpg


さて、新しい年になり
新しい気持ちで望まれている方も
多いと思いますが・・・。

ちょっと今日はかなり長くなります。

年末年始の休み中に、
いくつか本を読んでいたのですが
それぞれ別の本で
同じ内容のことが書かれていて
内容的になぜかふっとした瞬間に
その文章が浮かぶことが度々ありました。

これはとてつもなく大切メッセージであり
結局のところ
様々な時代の
様々なスピリチュアルリーダー、覚者の方々が
様々なことを
散々言ってきたけど

本当に伝えたい究極のメッセージは
全てこれなのだ、と
実感した文章をご紹介したいと思います。

はっきり言って
もうこれだけで充分だと思います。

あとはこれを徹底し
完全に腑に落とし
人生の全ての時間を
このために生きることが
本当に本当に全てなのだと思います。

「人生の目的を達成するためには、
その目的をはっきりと知る必要がある、
と思う人がよくいますが、
そうではありません。
一番大事なのは
あなたのワクワク感と喜びと情熱に従う事です。

ワクワクに従って生きていれば、
たとえ目的が分からなくても
人生の終わりが来た時に
喜びを生きたことで
目的は達成したことになります。」

リサ・ロイヤル「黄金のしずく」より



「この天界(3次元)にやって来るときに
目的を持っている者など一人もいない。
「父」は、あなたであろうと
ほかの誰であろうと、
人生のあるべき姿について
何の指示も与えていないが、
ひとつだけ「父」が望むことがある。

そして、「父」からあなたへのただひとつの望みとは
(これは究極の在り方をもたらすものだが)、
あなたが喜びにあふれた存在になるということだ。
あなたにとっての喜びがなんであってもだ。
というのも、
あなたの貴い神聖なる自己の内面において、
あなたが幸せで喜びにあふれていればいるほど、
あなたは神に近い状態にあり、
すべての生命と調和した状態にあるからだ。」

ラムサ 「ラムサ ホワイトブック」より


以上です。

結局のところ
私たちは何か目的を持って
生きているのではないし
ひとかどの人間にまい進し
清く正しく生きるために
存在しているのわけではないのです。

ただし!
ここ勘違いしてはいけません。


だったら何をしてもいいのか。

究極的には何をしても
裁かれることもなければ
それが善や悪などと
ジャッジされることはないのですが
何を喜びとするのか。

人間意識での喜びは
とても制限がかかっていて
有限です。

有限はそれ以上の自由を
味わえないわけですから
人間意識からの喜びを選んでいる以上
必ず限界が生まれます。

ですが私たちの本当の姿は
神です。
神意識が本当の私たちです。

ですから、
神意識に戻り
その意識での喜びを味わう事が
本当に味わいたいことであることをお忘れなく。

もちろん有限の人間意識の喜びも味わいたくて
この3次元にやってきました。

ですが今、このブログを読んでいる方々は
もう有限の喜びに飽きて
真に味わいたいことを体験することを選んで
ここに意識を降ろしてきたと思います。

ですから、
まずは神意識を思い出すことが大切なのです。

そしてその状態になってくると
全体繁栄、調和や愛と至福のために
何かをすることに
とても興味が湧いて
ワクワクしてきます。

ですがそれは宇宙の采配で
起こることだと分かるので
私たちは、
ただただ透明の心で
宇宙に絶対的な信頼を寄せ
やってくることを喜んで受け取り
愛のエネルギーで
全てのことを味わい、
喜び尽くすことを
心からワクワクしながら
受け入れて行くのです。


「あらゆる者が、
これやあれやをしなければならない
という考えを超越すれば

― つまり自分の運命はこれだ、
あれだという感覚を超越し、
「ただ在る」という本来の状態に入り、
完全にその瞬間の中だけに生きるならば ― 

彼らは、彼らがこれまで知っていた
幸せや自由よりももっと壮大な幸せと、
もっと壮大な自由を見出すことになる。

つまり、彼らは自由な人生の中へと解放され、

生きるということのあるべき真の姿を
見出すことになるのだ。
それこそが、あなたの目的である。
「ただ在る」ことだ。」

ラムサ 「ラムサ ホワイトブック」より


私たちが本当に在るべき姿は
こういうことであり
この喜びを味わいたいというためだけに
今、ここに存在しているのです。
そのためにこの世界を創ったのです。

どんなスピリチュアルリーダーも覚者も
結局はこの状態になるために
様々なことを言ったり
様々な表現をしたりしているだけなのです。

とてもシンプルです。


posted by かおる at 15:42 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

2017年今年のテーマ

1429522327522.jpg





明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します。





さて、
ますます意識を中立にしておく
(意識のニュートラル化)
必要があると実感しています。

というのも
物事を判断する時に
それがポジティブであろうが
ネガティブであろうが
偏った見方をした瞬間に
フォーカスした物事が
あっという間に具現化されるのですが

ますますその具現化が
強化されているように感じます。

強化されるといのうのは
柔軟さがないということです。

一度、具現化されたものが
変化しにくい、という状態です。

ではポジならいいじゃないか、と
思われるかもしれませんが
それも偏りです。

偏りには必ず反動が来ます。

陰陽図がそれを表していますが
ポジを強化していけば
最後は反転して
ネガになります。

また、
スピ系の方に陥りがちな
どんな時でも
ポジティブシンキングの方、
これは逆を言えば
ネガを恐れているということ。

ネガが嫌だから
ポジばかりを見ることを選ぶということ。

そうすると
ネガが嫌、という部分が
逆に強化されるのです。

純粋に湧いた感情がポジなら
それは自然なことなので
大丈夫なのですが

そうではなく
ポジでいなければ、
という思いは
ネガへの否定が
根底にあるということです。

物事はポジであろうがネガであろうが
どっちでも良いのです。

というよりも物事に
ポジもネガもありません。

ジャッジする見方があるだけです。

その見方を偏りなく
ニュートラルで
受け入れることが出来ることが
大切であり最強なのです。

ニュートラルは
しなやかで柔軟、
制限がないので自由自在で
どこまでも無限に広がります。

どちらかに偏ると
強硬になり
制限が生まれ、
いつかはそのために止まります。

ますます次元の上昇が進み
思ったことが現実化する
速度が速くなってきました。

そして
それを強化されるのですから
偏りがあると、
かなりやっかいです。

どんなことに対しても
中立でニュートラル化した状態を
どれだけキープ出来るかが
今後、この一年にとって
大切なことになってきます。

どうぞ、今年はそれを徹底させて
当たり前のように
ニュートラルで過ごされてください。

私は新年早々、
宇宙に
現実に何度も見せられ
新たに決意した次第です


posted by かおる at 10:18 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

感謝の意宣り




あと数日で2016年も終わりですが
そのせいか世間は
なんだか慌ただしい雰囲気になっています。

そんな空気の中、
ここ数カ月、
湧き出るものは感謝の思い

今まで、
なぜ素直に感謝出来なかったのか

逆に不思議なくらい
(今だからそう思える! 
感謝の思いがあふれ出てきます。

数日前も寝る前に
意識のクリアリング
(身体や感情や概念、
意識全てを中庸にするためのクリアリング)
をしていたときのこと。

そう言えば
今までこの家の建つ土地に対して
感謝してなかったな、
不平不満ばかりだったな・・・ということに
改めて気付きました

坂道ばかりで大変だ
田舎だから、
寒いから、
不便だから、

なんと不平ばっかり!


そしてその土地に建つ我が家までも
感謝をしてなかったな、
ということに改めて気付き

土地も家も全て感謝と
エネルギーのクリアリングをしました


どんな土地であろうと
やはり感謝はとても大切で
それをなしにして
土地の浄化や
土地のポータルの解除は
あり得ないことを実感しました。

まず先に感謝。
これが本当に大切ですね。


そんな基本中の基本を
改めてこの年の瀬に気付けたことは
とても大きなことでした

ますます意識の在り方を
問われる時がきました。

来年は自分自身の在り方で
現実化していくスピードが
どんどんと早くなってきます。

どう在るか、
常に中庸にクリアにしておくことが
大切になってきました。


来年はきっと具体的な行動を求められる
年になるのでは、と思います。

準備が出来た人たちが
真の自立に向けて
行動していくのだろうと思います。

ただしそれは在り方も含めての
行動ですから


まずは自分がどういう状態にあるか
しっかりと観察出来るようにしておきたいですね。

もう人間意識、エゴ意識の状態では
いられなくなってきています。

どれだけ意識の中庸(クリア)な状態が
普通になるか、
しっかりと意識しなければいけない
それが当たり前になる
年になることでしょう。

新しい年を迎える前に
今一度、そこをしっかりと
意宣りなおした年末でした

それでは皆さん、
良いお年をお迎えください











posted by かおる at 11:51 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする