2017年01月10日

私たちが存在している理由

1470530060215.jpg


さて、新しい年になり
新しい気持ちで望まれている方も
多いと思いますが・・・。

ちょっと今日はかなり長くなります。

年末年始の休み中に、
いくつか本を読んでいたのですが
それぞれ別の本で
同じ内容のことが書かれていて
内容的になぜかふっとした瞬間に
その文章が浮かぶことが度々ありました。

これはとてつもなく大切メッセージであり
結局のところ
様々な時代の
様々なスピリチュアルリーダー、覚者の方々が
様々なことを
散々言ってきたけど

本当に伝えたい究極のメッセージは
全てこれなのだ、と
実感した文章をご紹介したいと思います。

はっきり言って
もうこれだけで充分だと思います。

あとはこれを徹底し
完全に腑に落とし
人生の全ての時間を
このために生きることが
本当に本当に全てなのだと思います。

「人生の目的を達成するためには、
その目的をはっきりと知る必要がある、
と思う人がよくいますが、
そうではありません。
一番大事なのは
あなたのワクワク感と喜びと情熱に従う事です。

ワクワクに従って生きていれば、
たとえ目的が分からなくても
人生の終わりが来た時に
喜びを生きたことで
目的は達成したことになります。」

リサ・ロイヤル「黄金のしずく」より



「この天界(3次元)にやって来るときに
目的を持っている者など一人もいない。
「父」は、あなたであろうと
ほかの誰であろうと、
人生のあるべき姿について
何の指示も与えていないが、
ひとつだけ「父」が望むことがある。

そして、「父」からあなたへのただひとつの望みとは
(これは究極の在り方をもたらすものだが)、
あなたが喜びにあふれた存在になるということだ。
あなたにとっての喜びがなんであってもだ。
というのも、
あなたの貴い神聖なる自己の内面において、
あなたが幸せで喜びにあふれていればいるほど、
あなたは神に近い状態にあり、
すべての生命と調和した状態にあるからだ。」

ラムサ 「ラムサ ホワイトブック」より


以上です。

結局のところ
私たちは何か目的を持って
生きているのではないし
ひとかどの人間にまい進し
清く正しく生きるために
存在しているのわけではないのです。

ただし!
ここ勘違いしてはいけません。


だったら何をしてもいいのか。

究極的には何をしても
裁かれることもなければ
それが善や悪などと
ジャッジされることはないのですが
何を喜びとするのか。

人間意識での喜びは
とても制限がかかっていて
有限です。

有限はそれ以上の自由を
味わえないわけですから
人間意識からの喜びを選んでいる以上
必ず限界が生まれます。

ですが私たちの本当の姿は
神です。
神意識が本当の私たちです。

ですから、
神意識に戻り
その意識での喜びを味わう事が
本当に味わいたいことであることをお忘れなく。

もちろん有限の人間意識の喜びも味わいたくて
この3次元にやってきました。

ですが今、このブログを読んでいる方々は
もう有限の喜びに飽きて
真に味わいたいことを体験することを選んで
ここに意識を降ろしてきたと思います。

ですから、
まずは神意識を思い出すことが大切なのです。

そしてその状態になってくると
全体繁栄、調和や愛と至福のために
何かをすることに
とても興味が湧いて
ワクワクしてきます。

ですがそれは宇宙の采配で
起こることだと分かるので
私たちは、
ただただ透明の心で
宇宙に絶対的な信頼を寄せ
やってくることを喜んで受け取り
愛のエネルギーで
全てのことを味わい、
喜び尽くすことを
心からワクワクしながら
受け入れて行くのです。


「あらゆる者が、
これやあれやをしなければならない
という考えを超越すれば

― つまり自分の運命はこれだ、
あれだという感覚を超越し、
「ただ在る」という本来の状態に入り、
完全にその瞬間の中だけに生きるならば ― 

彼らは、彼らがこれまで知っていた
幸せや自由よりももっと壮大な幸せと、
もっと壮大な自由を見出すことになる。

つまり、彼らは自由な人生の中へと解放され、

生きるということのあるべき真の姿を
見出すことになるのだ。
それこそが、あなたの目的である。
「ただ在る」ことだ。」

ラムサ 「ラムサ ホワイトブック」より


私たちが本当に在るべき姿は
こういうことであり
この喜びを味わいたいというためだけに
今、ここに存在しているのです。
そのためにこの世界を創ったのです。

どんなスピリチュアルリーダーも覚者も
結局はこの状態になるために
様々なことを言ったり
様々な表現をしたりしているだけなのです。

とてもシンプルです。


posted by かおる at 15:42 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

2017年今年のテーマ

1429522327522.jpg





明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します。





さて、
ますます意識を中立にしておく
(意識のニュートラル化)
必要があると実感しています。

というのも
物事を判断する時に
それがポジティブであろうが
ネガティブであろうが
偏った見方をした瞬間に
フォーカスした物事が
あっという間に具現化されるのですが

ますますその具現化が
強化されているように感じます。

強化されるといのうのは
柔軟さがないということです。

一度、具現化されたものが
変化しにくい、という状態です。

ではポジならいいじゃないか、と
思われるかもしれませんが
それも偏りです。

偏りには必ず反動が来ます。

陰陽図がそれを表していますが
ポジを強化していけば
最後は反転して
ネガになります。

また、
スピ系の方に陥りがちな
どんな時でも
ポジティブシンキングの方、
これは逆を言えば
ネガを恐れているということ。

ネガが嫌だから
ポジばかりを見ることを選ぶということ。

そうすると
ネガが嫌、という部分が
逆に強化されるのです。

純粋に湧いた感情がポジなら
それは自然なことなので
大丈夫なのですが

そうではなく
ポジでいなければ、
という思いは
ネガへの否定が
根底にあるということです。

物事はポジであろうがネガであろうが
どっちでも良いのです。

というよりも物事に
ポジもネガもありません。

ジャッジする見方があるだけです。

その見方を偏りなく
ニュートラルで
受け入れることが出来ることが
大切であり最強なのです。

ニュートラルは
しなやかで柔軟、
制限がないので自由自在で
どこまでも無限に広がります。

どちらかに偏ると
強硬になり
制限が生まれ、
いつかはそのために止まります。

ますます次元の上昇が進み
思ったことが現実化する
速度が速くなってきました。

そして
それを強化されるのですから
偏りがあると、
かなりやっかいです。

どんなことに対しても
中立でニュートラル化した状態を
どれだけキープ出来るかが
今後、この一年にとって
大切なことになってきます。

どうぞ、今年はそれを徹底させて
当たり前のように
ニュートラルで過ごされてください。

私は新年早々、
宇宙に
現実に何度も見せられ
新たに決意した次第です


posted by かおる at 10:18 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

感謝の意宣り




あと数日で2016年も終わりですが
そのせいか世間は
なんだか慌ただしい雰囲気になっています。

そんな空気の中、
ここ数カ月、
湧き出るものは感謝の思い

今まで、
なぜ素直に感謝出来なかったのか

逆に不思議なくらい
(今だからそう思える! 
感謝の思いがあふれ出てきます。

数日前も寝る前に
意識のクリアリング
(身体や感情や概念、
意識全てを中庸にするためのクリアリング)
をしていたときのこと。

そう言えば
今までこの家の建つ土地に対して
感謝してなかったな、
不平不満ばかりだったな・・・ということに
改めて気付きました

坂道ばかりで大変だ
田舎だから、
寒いから、
不便だから、

なんと不平ばっかり!


そしてその土地に建つ我が家までも
感謝をしてなかったな、
ということに改めて気付き

土地も家も全て感謝と
エネルギーのクリアリングをしました


どんな土地であろうと
やはり感謝はとても大切で
それをなしにして
土地の浄化や
土地のポータルの解除は
あり得ないことを実感しました。

まず先に感謝。
これが本当に大切ですね。


そんな基本中の基本を
改めてこの年の瀬に気付けたことは
とても大きなことでした

ますます意識の在り方を
問われる時がきました。

来年は自分自身の在り方で
現実化していくスピードが
どんどんと早くなってきます。

どう在るか、
常に中庸にクリアにしておくことが
大切になってきました。


来年はきっと具体的な行動を求められる
年になるのでは、と思います。

準備が出来た人たちが
真の自立に向けて
行動していくのだろうと思います。

ただしそれは在り方も含めての
行動ですから


まずは自分がどういう状態にあるか
しっかりと観察出来るようにしておきたいですね。

もう人間意識、エゴ意識の状態では
いられなくなってきています。

どれだけ意識の中庸(クリア)な状態が
普通になるか、
しっかりと意識しなければいけない
それが当たり前になる
年になることでしょう。

新しい年を迎える前に
今一度、そこをしっかりと
意宣りなおした年末でした

それでは皆さん、
良いお年をお迎えください











posted by かおる at 11:51 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

起こる時は起こる

2016.10.23-2.jpg

バブーと言うほど子供やない。
公文行くほど大人やない。
5歳のど真ん中、走らせてもろうてます。



この言葉、
日曜日からずっと頭を駆け巡って
ニヤニヤしています



分かる人には分かる、
とある漫才のフレーズです。


笑うのは本当にスカッとして良いですね。
特に大笑いをするのは
精神的にも抜けてクリアになりますね。
思考が無くなるので漫才やお笑いは大好きです。


さて、
よくスピリチュアルの本などでは
時間の流れというものはなく
全てのことが、一瞬にあると
言われています。

「奇跡のコース」の副読本のような
「神の使者」でも
そのことは書かれてあり

全てはもうそこにあって
未来は自分で作る、
というのは幻想である、
と言っています。

またノンデュアリティ系の本でも
意識が覚醒している覚者の方も
それを言っている方が
とても多いです。

人間意識であればある程
時間の概念が連続である
という幻想から抜けないので
やはり未来は自由に造れると
仰っている方が多いように思われます。

だから

ビジュアライゼーションを
やりましょう!

とか

絵や写真を切り取って
イメージして引き寄せましょう!

とか
言っておられますが

あれは、
より人間意識
(無意識の有限意識)を
強化するものであると感じます。
(もちろん、
それが悪いわけではありませんので
興味のある方は
そこを極めて、
人間を思いっきり楽しむのも
大切なことだと思います)


先日のブログでも書きましたが
時間が連続であるかのように
過去のことを
思い出せなくなっているため
やはり時間は連続ではないと
はっきりと自覚しはじめたのですが

それと同時に
全ては同時に起こっていて
それは起こるべくして、起こり
起こらないなら、起こらない、
ただそうであるだけなのだ、
とも実感しています。

だから
努力してなにかを達成したい、

こうして、そうしたら、ああなる、


のような時間の連続の概念での
起承転結が
もう成り立たなくなっています
(私の中で)。


本当にただそれは
起こるのだと分かるのです。

なのでそんなに努力して
何かをしようという気がなくなってきて
(かと言ってどうでも良いわけでもないですよ)

なんかもっとリラックスして
楽しみ、味わう事の方が大切だな・・・
って思います。



そんなに肩の力を入れなくても
大丈夫だな、と思うのです。

肩の力を入れても、入れなくても
分かる時は分かるし
目覚める時は目覚めるし
という感じです。

時間の概念から抜けるというのは
今年に入って
私がずっと意識していたことです。

で、
頭では分かるのです。
それをどうやって
腑に落としていけばいいのだろう?と
つい思考が動き、

いつまでたっても
それが出来ないと

イライラしたり、
自分を責めたり、
ふてくされたり、

と悶々としていた時がありまし。

そして、投げやりに
もうどうでもいいわっ!
と、そこをいったん手放していたら

数日前、
ふっと今までとは違う
時間の感覚(見方)で世界を見て、
それをもう当たり前と
思っている自分に気付き

その見方を
一体いつからしていただろう?と
思い返しても

時間の連続性が
分からなくなっているので
ずっと昔からだった、
とも感じるし

たった今、分かったような
気もするし。


時間というのは空間であると
あるスピリチュアルリーダーの方が
仰っていましたが

今ではそれ以外に
時間を表現する言葉はないな、
と感じています。


そこまで
分かって来たというのは
だいぶ自分の中で
意識が目覚め始めたのだと
思うのですが

そうなるのに
努力や忍耐、修行の類は
一切していません。

瞑想を何時間もするとか
スピリチュアルな本を読みあさるとか
色々なメソッドを習得するとか

そんな面倒くさいことはせず、

努力、忍耐、根性というワードに
縁遠い私からすると
「ま、いいいかぁ・・・」が
座右の銘と感じるほどの
日々を過ごしていました。

と言う事は
どれだけ精神修行しようが
どれだけ知識を増やそうが

「その時になったら分かる」

この一点こそが真実なのだと思います。

この修行をしたから悟ったとか
この訓練をしたから目覚めたとか

全て後付けです。

それをしようがしまいが
それは起こっていたでしょう。

ただ一つ
「決断する」と言うのは
適切にそれを起こす
キーポイントではあると思いますが。

なのでもう余り
自分を追い詰めたり、
責めたりせずに
ゆったりと肩の力を抜いて
味わい楽しみ笑って
日々を過ごし
その時を
待っていてもいいような気がします。
(完全に手放していてくださいね)

そんなことを
日曜日のM-1グランプリを観ながら
思った次第です。


バブーと言うほど子供やない
公文行くほど大人やない

やっぱり、笑えてくる・・・








posted by かおる at 14:38 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

真の自立へ向けての2017年

2016.11.26.jpg


今日から師走。
2016年ももうすぐ終わりですね。

先日、そんなことを思っていた時に
ふっと気付いたことなのですが

以前は時間のスピードが速く感じ
もう1年過ぎたのか・・・
と思っていたのですが

今は流れとして時間を
感じられなくなっていて

まるでコマ送りのもっとコマの少ない感覚。

それも過去から未来へ
一定方向へ流れる感じではなく
ランダムに1コマ1コマが
再生されるような感じで
この1年という時間の流れ(在り方)
を感じていました。


やはり過去→現在→未来

というのはただの幻なのだなぁ・・・
と改めて実感しています。


さて12月21日の冬至を迎えると
それ以降、春までは
怒涛のような流れを感じるかもしれません
(もちろん春以降も)。

今までもそれを感じていたのに
また更に!?と思われるでしょうが、
更にです

それは3次元的な具体的な物事には
直結しないかもしれませんが
魂の深い部分での
大きな変化や気付きを
感じてくるかもしれません。

それが意識上にのぼってくるかどうかは
人それぞれですが
(必要な時に意識上に上がってきます。
ご心配なく
2016年に徹底した
意識の目覚めを選択した方は
顕著に春以降から
具現化してくる可能性が高いと思います。


昨日、
あるスピリチュアルヒーラーの方
(アメリカ人)の
ユーストリームセミナーを見ていたのですが

その方も、
2017年は大容量の情報が
個人にダウンロードされる
とおっしゃっていました。

ただしそれを100%純粋に受け取るには
感情フィルターやカルマを含めての概念など
多くが邪魔をして受け取れないので
徹底したクリアリングが必要だ、
ともおしゃっています。

(通常はどうしてもエゴの感情や概念などの
フィルターを通して受け取ってしまうため
情報は歪んで入ってきてしまいます。
それに気付かず、
歪んだ情報を真実のものとして受取り、
配信されているスピリチュアル系の方も
とても多くいらっしゃいます)


バシャールも言っていますが
2017年からどんどんと個人レベルで
高次の宇宙存在とチャネリングを始める人たちが
増えると言っていましたが
そのためには相当な感情のクリアリングと
真実だと信じ込んでいたことを手放し
幻想の世界から出て行かないと
受け取れない内容(波動)ばかりです。

ですから2017年は更に
自分自身の中心をしっかりと保ち
常に光の柱
をしっかりと立てる必要があります。


ちなみに昨日の
ユーストリームセミナーを受けている最中
どうしても体調が悪くなり
中座してしまいました。

1ヶ月以上も前から
楽しみにしていたため
なぜなの?とガイドに尋ねると

すぐに力強いメッセージが。

もうあなたには必要ない。
彼がセミナーで言っている言葉や
アチューメント
(そのセミナーの一番の楽しみでした)は
もうあなたの中にエネルギーとしてあることに
気付きなさい。
全てはあなたの中にもうすでにあると
はっきりと自覚しなさい。
その自覚の中で生きると決めなさい。


もう誰かのセミナーを
受けている場合じゃない、
とかなり強くガイドに言われ
気付いた次第です。

これは皆さんにも言えることです。
全ては自分(真の自分)
の中にあるのです。

前回のブログでも書きましたが
もうすでにあるものを
外側に探す必要なないのです。

ある、と気付くだけ。
ただそれだけだと、
何度も何度も癖付けすることです。

足りない、出来ない、やれない、
はただの幻。

完全なる自立(霊的な、という意味)
2017年は
それが課題の1つになることと思います。








posted by かおる at 15:12 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする