2016年10月17日

新しい決意

DSC_0557.JPG

久しぶりのブログ更新です。

日々、人間(肉体の個)が真の自分であるという
幻想からどんどんと抜け出ていっている今、
言葉で何かを伝えたい、という欲求が余りなくなり
ブログの更新もめったにしませんが

久々にこれは一人でも多くの方に伝えなきゃ!
という思いが湧きましたので
シェアさせてください。

みなさんの多くが興味のあるテーマ
「お金」についてです。


サアラさんというスピリチュアルリーダーの方の
ステップメールを毎日読んでいるのですが
本日の内容が、とても心の深いところに刺さり
これは私も含めて一人でも多くの人が
この幻想から出ないといけない!と強く感じました。



以下、メールの文章です。





『人はお金を得るために、
たくさんの労力を使い、
時間を費やし、
生活のために多大な自己犠牲を払うことも、
当然のように受け止めてきました。


さて、できるだけ客観的に、そして原点に戻って、
このことを考えてみてください。

人間は、お金を稼ぐために
生まれてきたわけではありません。

生きていくための犠牲を払うために、
わざわざこの物理的次元に
生まれてきたわけでもありません。

そうだとすれば、
地球に生まれてくることを、
宇宙が望むとは、とても思えません。


そうです。
生まれてきた人間は、
この地球でたくさんの経験をする許可を
得た人たちですから、

本来ならば、
生命維持を考えるテーマを
持って生まれた人は、
経験値の少ない魂を持った
わずかな存在だけです。

従って、
それ以外の人たちは物理的な努力をしなくても、
生きていく上で必要なものは、
必然的に、
すべて与えられることに気づけるような
量子的な意識を覚醒させるための
人生であるはずです。

それこそが、
この物理次元をマスターする上で
必要な気づきともいえるでしょう。』



以前よりお世話になっている、
あるスピリチュアルリーダーの方が
今年に入り、

一般の人たちが知らない
闇の組織がマインドコントロールをしている、という
陰謀説のようなことはある、

と何度も仰っていました。

なぜ急にそんなことを話すのだろう?と
不思議に感じていましたが
上記の文章を読んだ時に、
これこそが、
その闇の組織と呼ばれる人たちが
この三次元で行っているマインドコントロールの
もっともたることで

この幻想が根強くあるからこそ、
人間意識から目覚めない
大きな原因の一つであると
強く感じました。

この内容に気付かれては困る
一握りの組織が本当にあるだと
はっきりと解りました。

今、本当に多くの人が真実に目覚め、
真の自分に目覚め始めています。

そしてこのお金に対する幻想に目覚めれば
それはとてつもなく大きな変化を
この地球にもたらしてくれることでしょう。

たった1人の目覚めが
多くの人の気付きになります。
これが1人だけでなく2人だったら?

10人だったら?

100人だったたら?

まずは自分からそこに気付くこと、
目覚めることが何より大切です。

きっとこの気付きは
真の大きな自由と豊かさと愛を
取り戻す
大切な気付きになることでしょう。

今、この情報が来たという事は
もうそれを受け入れる準備が出来た人たちが
受け取っているという事です。

あとは実践のみです。

私もしっかりとこの目覚めを起こしていこうと
決意しました!



posted by かおる at 09:58 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

宇宙への信頼

2015年春1.jpg

覚者の多くが
この秋の意識の大変革のことを言っています。

それに対して、
ご自身も真の自分へ戻ること
神意識にもどることを意識して
日々を送られていると思います。

私もその一人です。

特に9月に入り、
まるでジェットコースターのような
エネルギーの変動に
振り落とされるのではないかと
感じるようなこともあり

宇宙全体がものすごい勢いで
エネルギーの変換を行っているのを感じます。

ただ、その激変のさなか、
どうしても古いエゴはそこに抵抗しようと
最後の悪あがきというか、断末魔というか
必死に眠りに戻そうとするような
誘いを繰り広げてきます。


そして、その誘いに乗らないように
こちらも必死で抵抗しようとします。


でも、その抵抗こそがエゴなのです。
巧妙ですね。


または、


真の自分に戻りたいのに上手くいかない、
ということで

イライラしたり、

落ち込んだり、

自分を責めたり、

諦めそうになったり。

これもエゴです。


結局のところ
私たちがなぜこのような3次元世界を造り、
2極性の分離の世界を生きることにしたのか・・・

それはただ
味わいたかった、
知りたかった、

それだけなのです。


だからその味わうことを思う存分楽しんだら
自然とこの世界からは卒業なのです。
それが自然のことなのです。

卒業するまでに
どれだけの人生を創造するかは
それぞれですが

二極という有限の世界には
必ず終わりがあります。
いつか必ず卒業するのです。

ですので、どうぞ焦らないで、
自分を責めないでいてください。
自分にもっと優しくしてくださいね。


私もガイドからよく言われます。

「本当によくやっているので
自分を責めないように」と。


私が思っている以上に
自分に厳しすぎると言われます。



自分に厳しいというのは
裏を返せば
今の自分は完ぺきではない
欠けている、不十分
と言っているようなもの。

だからもっともっと頑張らなきゃ、
になるのです。


果たして、
そこに信頼はあるのでしょうか?

宇宙に対して、自分に対して
無条件の信頼はあるのでしょうか?

全てに対して純粋で無条件の信頼があれば
自分がどんな状態でも大丈夫。

愛しくて愛しくてしょうがないほど
自分への愛でいっぱいになるでしょう。


そして他者や他の命、
広がる世界、宇宙への
愛でいっぱいになるでしょう。


目覚めることより
はるかにそちらの状態のほうが
真の私を表しています。

はるかに宇宙が望んでいることです。

どうぞ自分に優しく
よくやっているよ、
と言ってあげてくださいね。

実際、本当にあなたはよくやっているのですから・・・




posted by かおる at 10:40 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

言葉の外に出る!

1472548529624.jpg

夏も怒涛のように
うだる暑さとともに過ぎて行こうとしていますが
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

暑さもすごいですが
エネルギーの変化(上昇)が半端なく
まるで一生分の気付きを数分で体験しているような
そんな状態が続いています。

7月の終わりに、
あるスピリチュアルリーダーの方のセミナーに参加し
その感覚は更に加速していっています。

その方が仰るには
9月22日の秋分の日、12月21日の冬至が
大きなエネルギーの節目になるのでは、とのこと。

またバシャールを始め世界の覚者が
11月以降に宇宙規模の大きな転換期に入ると
言っています。
このブログでも何度もお伝えしていることですね。

そのために意識の目覚めをしっかりとするように、と
ご自身でも日々、
そこを大切にされているのではないでしょうか。

ここのところガイドからよく言われるのが

言葉の外に出なさい、ということです。


みなさん、今から実験です。


思考も動かさずに、頭に言葉も浮かべずに
どれだけ居続けることが出来るでしょうか?


意識的にこれが10分以上続けば
本当に凄いことです。

数分・・・これでも凄いと思います。

多分たいていの方は数十秒、
数秒という方も多いと思います。

言葉が浮かんでいても
気づいていないという方もいると思います。

つい頭の中に言葉が浮かびますよ。

これがエゴの思考の典型的な
表現の仕方です。

すぐ言葉が出てきてしまうのです。

それを口に出そうが、出すまいが
言葉が浮かんだ時点で
もうそれは思考という縛られた有限の世界の表現なのです。

ガイドはそこから徹底的に出るように
何度も何度も言ってきます。

そのため、ありがたいことに
仕事などでどうしても思考し、
思考したことを口に出さないといけないとき以外は
言葉の外に出る機会が多くなりました。

そうすると生命の巡りが活発になってきます。

物事にジャッジしなくなります。
意味づけ、分析しなくなります。

もし反射的に意味づけや分析をしても
それはすぐ気付きます。

これらの意味づけや分析がある状態は
エゴにどっぷり浸かっている状態です。


心当たりがあれば
即刻、そんな無駄なことは止めましょう。

エネルギーの巡りがあっという間に
止まってしまいます。


またこの生命の巡りを感じていた時に
これは皆さんが勘違い、または習得できていないな、と
エンパスで伝わって来たのは


先のスピリチュアルリーダーの方も以前、ブログで書いていた
「中観(ちゅうがん)」=「中庸」の状態になることです。

これ、多分、腑に落とせて体得している方、
とても少ないと思います。


今朝、植物と繋がっていた時に
まさにその状態が中観の状態で
更に一瞬のうちに、
とてつもなく深い中観状態になったので

(本来は深いも浅いもないのですが、
日々の激変するエネルギーの中にいると
やはり気付かないうちに
周りの影響を受けているのだと分かりました)



中観は
ずっとやっていたネイチャーワーク
そのものの状態であったと
改めて気付きました。


個の深い死を迎えるには
この中観の意識状態でいることが必須になります。

その準備を1996年からずっとさせられてきたのだ、と
改めて宇宙の深い愛に心から感謝しているしだいです。


そこで、皆さんの中でご要望があれば
この時期だからこそ、
とても大切なネイチャーワークを
久しぶりに開催しようかと思っています。


これはあくまでも、それが必要だと感じた方だけで結構です。
本来であれば、誰でもどこでも出来るものですから
一度、ネイチャーワークに参加された方は
本来であれば、出来るはずです。


ですが中観の状態が
イマイチ分からないという方のために
中観状態をしっかりと体験、覚えて頂く
(もう二度と忘れないために)ための
ワークにしようと思っています。


もし受けたいと思う方がいらっしゃったら
ご連絡ください。

日程、場所等をセッティングしたいと思います。


ご要望などは私のアドレスか

お問合せ・お申込みのページからどうぞ。


私も夏のセミナーからの
秋分の日を迎え、
その後、重要なセミナー等が10月に2回続き
そして冬至を迎えるという・・・


宇宙の愛全開の流れを体験しようとしています。


本気で次のステージへ移行することを決めて
今生を選んできたこともあり

かなりハードではありますが
この流れは避けては通れないのだと実感するとともに
ついまた眠ってしまいそうになる心を奮い立たせる毎日です。

まあ、たたエゴとは対立するものでも、
ましては戦う対象でもありません。

ただ気付けばいいだけですので
ただひたすら意識的であることを
徹底的にしている日々です。

怠惰(面倒くさい)というのもエゴですので、
どうぞ乗り越えていってくださいね






posted by かおる at 11:41 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

決断の時

1470530032975.jpg


今日はちょっと厳しいお話。
そしてちょっと長いです。
これは私自身への厳しいメッセージでもあります。


先日、ブログで

「私は好き、嫌い」の私とは誰か?
その好き、嫌いは誰が言っているのか?

ということを書きました。



あるスピリチュアルリーダーの方も
まさに時同じくして、
同じ内容のものを書いていました。

前にブログでも書きましたが
書いている内容は自分自身への
メッセージでもありますし
このように同じ内容のものが
同じ時期に発せられるというのは
少なからず同じことを同じ時期に
必要としている方々がいらっしゃるということです。

バシャールを始め
世界の覚者の方々が
この秋が大きな転換期であり分かれ目であると
繰り返しメッセージを発信しているのは
皆さんご存じだと思います。

その分かれ目は決定的なものであり
引き返すことが出来ない
意識の目覚めの本番が始まる時を
知らせているのだと思います。

もちろん、
目覚めないという選択をしているのなら
それはそれで人間意識を存分に楽しまれることも
とても素晴らしくてワクワクすることだと思います。

ただ目覚めるのだ、と決めているのに
まだその覚悟が出来ていない方は
色々と悶々としているような状態かもしれません。

私もちょっと前まで、そんな状態でした。


個の感情や概念を観察していると
「分かったつもり」になるせいか
エゴは更に巧妙に意識の眠りを誘ってきます。

その一つが個の夢だったり、
願望だったり、
好きなことだったりと

一見すると、
とてもステキで素晴らしいと内容のものが
心の中に多く出てきます。

そしてそれを叶えようとすることは
本当に素晴らしいことであり
人生の醍醐味でもありワクワクします。

ただ、目覚めると決めた方は
「その願いは誰のものか?」
という問いが
次に来なくてはいけません。


人間意識でいたい人にとっては
個の夢や願望は人生を生きるためには
とても大切で
勇気を感じたり、明日への活力や希望になり
素晴らしいものとなります。
どうぞ思う存分、楽しんでください


ですが真の自分に
目覚めることを決めた方には
それはエゴの巧みな誘いであることに
気付いているでしょうか?

このお誘いは個(肉体)が私である
という幻想へのお誘いです。
とてつもなく強力で魅力的でもあります。



以前、
私は個の深い死を迎えたような瞬間がありました。

バスを待っていた何気ない一瞬でしたが
急にそれが分かり
人目もはばからず嗚咽と共に号泣しました。

もう死ぬしかないのだ!
という強烈な感情が出てきました。

恐怖や不安や悔しさがマックスになり
どうしても死を受け入れないといけないのだと
絶望にも似た諦め感が湧いて来たのです。

そして、もう全て宇宙にお任せする。
本当にこの肉体がこの瞬間に消えても
それを受け入れる!と心を決めたのです。

そして数分の後、
まるで生まれ変わったかのような
軽やかで静かでキラキラした
エネルギーの光に包まれているのを感じました。

ああ、私は深い死をついに迎えたのだ、
と思ったのです。

ですが、それから数日もすると
また個が湧きあがってくるのです。

個が自分だと勘違いしている状態に
一瞬なるのです。
(一瞬だけではあるのですが
その一瞬ですら眠りのきっかけになります)

同じことを
あるスピリチュアルリーダーも言っていました。

自分も深い死を迎えたつもりでいたけど
それでも個が立ちあがろうとすることがある、と。


そして
「本当に深い死を受け入れていますか?」
と問われました。


さて、ここで
「深い死」とはどういうことか
お話します。


個という概念を完全に外した時
自・他という概念もなくなります。

だから誰かのために、何かのために
というような
私たちが言うところの
「自己犠牲」のようなことも起こるのです。


そしてそれに対して
誰かにそれを知ってもらいたい
犠牲になっている自分を
認めてもらいたいという思いがあれば
それは個を完全に手放したことにはなりません。

個を完全に手放すとは
例えそのようなことが起こったとしても
それに対して何一つ不平不満もなく
ひっそりと誰からも露とも知られなくても

例え肉体が人知れず消えて無くなっても
それでも全てOKと言える状態です。

私は最初、それでも良いと思いました。

スピリチュアルリーダーの方は
重ねて言いました。


「それでも、
神は観ていると思っていない?
神だけは観てくれている、
知っていてくれている、
その思いもエゴのものであるから
深い死ではない」と。

神ですら自己犠牲を知らないほどの
完全なる手放し・・・

皆さん、これに耐えることは出来ますか?
受け入れることは出来ますか?


私はその時思いました。
私にはまだ
そこまでの覚悟がなかった・・・と。


今この瞬間、
銃を持った人が来て
あなたに銃口を向け、
引き金を引こうとする時
死に抵抗することなく、
かといって
生を諦めることもなく

生きることと死ぬことを
全くの平等に受け入れることは出来るか

そのように話していました。

そして、秋までに徹底的に
今、この瞬間に自分が
跡形も消えてしまったら?
という思いで
日々生きてほしいと言っていました。


それほど今、
大きな決断を迫られている時期なのです。
生半可な決意ではありません。

その覚悟はあるでしょうか?


「ご覚悟召されよ!」とのことです(笑)!


とても厳しい内容ですよね
でも意識の完全なる目覚めは
それほどまでにゴマ粒一粒たりとも
未練を残して出来るものではない
ということです。


ただこれは苦行ではありません。
苦しんだ末に分かることでもありません。

たった一つ、宇宙への絶対なる信頼
これだけです。

そこに苦しみはありません。

逆に喜び、至福、安堵があるだけです。

絶対に宇宙がなんとかしてくれる
という喜び至福、安堵です。

ただし、
この「なんとか」がどういうものかは
何一つ期待してはいけませんが。



どんなことであっても
それが宇宙の望みであるなら
それを完全に受け入れる、
その状態が
「完全な個の深い死」であり
「完全なる意識の目覚め」なのです。


さて、最近よく耳にする言葉
「もう時間がありません」

これは急かす訳でも
脅す訳でもありません。

ただ時間は本当にないのだろう、
と私も感じています。

それでも私たちには
選択する自由意思はあります。

このまま人間意識を自分と思って
この二極の世界を
もっともっと楽しみ味わう事を選ぶか

完全にそこから出て
意識の目覚めの世界へ移行するか

どちらも自由ですし、
どちらが正しいとか
間違っているということでもありません。

さて、あなたはどちらを楽しみたいですか?

本気で決める時がいよいよ来ましたよ



posted by かおる at 16:27 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

私はそれが好き!本当に?

2016.03.25.jpg


最近、良く思うのです。

私が話す、考える
私はこれが好き、嫌い

この「私」とは誰か・・・?

禅問答のように聞こえますが
これはこの世界が存在する
核となる疑問です。


ほとんどの人が
「私」とはこの肉体に宿る

山田花子という「私」
鈴木太郎という「私」
だと思っているでしょう。

だから
私が話す、考える
私はこれが好き、嫌い
と言うのは個を表していることになります。


ですが、これは全くのウソ。
ただの幻想です。


本当の私は肉体でもなければ
そこに宿る性格を持った個でもありません。
それらを観察する側の意識です。


観察意識が本来の「私」なのですから

私が話す、考える
私が好き、嫌い

と言っているのは誰なのでしょう?

だから
私が話す、考える
私は好き、嫌い

という思考が出てきた時点で
それはもう真実の話しや、考えの内容でもないですし
本当の好き、嫌いでもないのです。

全てどこからかやってきた考えなのです。

いつかの誰かの考えや
先祖代々継がれてきた思いだったりするのです。


私はこれが好きだからこれをするんです!

本当に?
本当に真のあなたの好きなこと?

あるスピリチュアルリーダーが言っていました。

もし本当にそれが好きなら
それが叶わないことも100%受け入れらるか?と。

それをすることが100%、OKなら
やらないことも100%、OKでなくてはならないのです。

どちらも正直にゴマ粒一粒ほどの残りもなく
全てOKなら
その時は勝手に事は起こっていく、と言っています。

取りに行く必要はない、と。


ここのところ
「個の完全な深い死」を意識しています。

意識していると言っても
それを手に入れるんだ!ということではありません。
それは取りに行くことですから。
その時になったら、それは必ず起こるのですから。

ただ無意識にいると
つい思考や概念、感情が先に出てしまいます。
長い間、肉体を自分だと思っていたクセです。

だから無意識にならないように
常に「個の完全な深い死」を意識しています。

これはとても大変な作業です。
慣れないうちは、つい意識がそれてしまいます。


ですが、決心をして意識的に今、ここに留まり
「個の完全な深い死」は必ず起こることを信頼していると
幻想の「私」がどんどんと崩れていくのが分かるのです。
手に取るように分かるのです。

すると
私が話す、考える
私は好き、嫌い

というのがいかに幻想であり
ただの執着であったかが分かり始めます。

それはどうでもいいのです。

どうでもいいというのは
なげやりな「どうでもいい」でもなければ
「忘れなきゃいけない」という積極的な手放しでもありません。

ほんとうにどっちでもいいのです。
だってそう思っているのは
私ではないのですから。

そうなってくると
何をしゃべるか、何を考えるか
好きか嫌いかの感情も
どっちでもOK、そこにいちいちフォーカスしません。

全てを委ね、起こるべくして起こることを
信頼していればいいのです。

行動を起こすな、と言っているのではありません。
行動を起こすときは自然とその流れになるのです。
決心するときは自然にそうなるのです。

ただそれが起こるのは
真の自分である時だけです。

100%明け渡して初めて
それは起こるのです。


前出のスピリチュアルリーダーが
「私もガイドから「メッセンジャー根性を捨てよ!」と
お叱りを受けましたよ〜」
と仰ってました。

ああ、それ凄いよく分かると思いました。
もうそれは要らないですよ。

そんな個の、どこからか拾ってきた執着、
もう要らないです。

私もつい最近まで
メッセージを伝えることが好きだから!
なんて思っていましたが

「そう思っているのは一体誰なんだろう?」

って疑問がどんどんと湧いてきた時でした。

ことは起こります。
そうなるか、ならないかは宇宙が決めること。
個が決められることなんて何一つない、と

意識側が真の自分であると分かってきたら
それがしみじみと分かるのです。

どうぞ、もし自分が何かやっている
決めていると思ったら

「本当にそうだろうか?」

と問いかけてみてください。
そして宇宙を信頼してみてください。
違う発見があるかもしれませんよ




















posted by かおる at 22:39 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする